UnNews:鳩山邦夫氏告白「私はいずれ殺される」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

自民党を離党した政治家、 鳩山邦夫氏が「私は坂本龍馬である」 と発言したことが話題になっているが、 これには隠された情報があるというのだ。 曰く、「彼は坂本龍馬の人生を真似しようとしているのではないか」というのである。

坂本龍馬は幕末の革命家である。軍隊を組織したり、武器を携行するなどの行為を行い、数多くの逸話を残している。 そんな坂本龍馬の人生を邦夫氏は踏襲しようと言うのである。 坂本龍馬が存在し、活動を行ったことで日本が明治維新への歩みを進めたことは周知の事実である。彼の行ったことを同様に行えば日本の政治を良い方向に導けるかもしれない。 だが、ここで大きな壁に直面する。

などといった懸案もあるが、その中でも最大の懸案である。坂本龍馬は近江屋という旅館で、謎の暗殺を遂げる。つまりは誰かに殺される必要があるのである。 しかもただ殺されるだけでは再現性が低い。

  1. 旅館の自室で独りっきりになっており、ピストルを携行している。
  2. ピストルを一発発砲し、弾痕が残り続ける。
  3. 誰に殺されたか不明である。この状態は今も続く。
  4. 事件が起きた旅館の部屋は未来永劫保存され続ける。

これらのポイントを全てクリアする必要がある。監視カメラなどが存在し、携帯電話などの情報機器が発達した現在である。誰にも知られず犯行を行うなど不可能に近い。また、現在は武器の携行が一切許されない平成の世である。邦夫氏が発砲した段階で間違いなく誰かが気づく。そして邦夫氏自身が邦夫氏自身を殺してくれるスタッフを探さねばならない。現時点で殺意に変わるほど氏に対して不満を持つものが少ないからである。近日中に暗殺メンバーの募集を行う予定である。

Makesophia.gif
執筆初心者のために、先輩風を吹かしたアンサイクロペディアンが「記事の書き方」を発表しています。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ