UnNews:麻生氏、次期日銀総裁に「学者は…危ない感じ」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

麻生副総理・財務相は8日の閣議後記者会見で、4月に任期が切れる白川方明日本銀行総裁の後任人事が本格化する中、次期総裁の条件として、

  1. 漢字が読める語学力
  2. (幹事長等の)部下を使いこなせるだけの組織運営の経験
  3. 強靭な腹部を持つ健康体

の3点を挙げた。一方、みんなの党は、財務省OBは拒否することを表明。議論が過熱し始めた。

海外の中銀総裁では、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長や英イングランド銀行のキング総裁ら学者出身者が目立つが、麻生氏は「組織を動かしたことがない人がやるのもどうか。危ない感じがある。部下操り人形になるような人は避けなければならない。」と述べた。また、「健康も大事だ。中央銀行の総裁が毎年代わってしまうのはマズイ。安倍総理のお腹がもつのは夏の参議院選挙までなのは前例がある。来年は私もここにはいないことが確実である以上、日銀総裁は長く勤めてもらえる人でないと」と述べ、「最低限、カイワレを食べてもO-157に罹らないことは条件としたい」と注文をつけた。

語学力を挙げた理由については、「国会答弁などで野党の追及は激しく、コーヒーを飲みながらじっくり考える暇もない。迅速に答えるためには官僚の作った文書をそのまま読めなければならないが、漢字を正しく読めないのはいかがなものか」と説明した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ