UnNews:2010年W杯、MVPはブブゼラ氏に決定

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

12日、FIFAは2010年サッカーワールドカップのMVPに、南アフリカ共和国代表のブブゼラ氏(年齢不詳)を選出した、と発表した。アフリカ諸国の選手がワールドカップのMVPに選出されるのは史上初の快挙となる。

ブブゼラ氏は1910年頃に南アフリカで誕生。1990年代から南アフリカの国内リーグで活躍を始めた。そして今大会、同氏はスタジアムの観客席から大音響を出して敵を疲弊させるという、独特のプレースタイルで注目を集めた。また、その大音響によって選手間のコミュニケーションを妨害し、チームの勝利(と敗北)に大きく貢献した。

FIFAの関係者は、当社の取材に対して「スタンドのサポーターは12人目の選手、という言葉があるが、彼はその言葉の正しさを証明してくれた」と述べ、ブブゼラ氏の活躍を讃えた。また、他の関係者は、「彼の唯一の弱点は、敵チームだけでなく味方チームにもダメージを与えてしまうことである」とも述べ、ブブゼラ氏のさらなる成長へ早くも注文を付けていた。

MVPをブブゼラ氏と争ったのは、ドイツの新しき神と称されたパウル・クラーケ氏(本職、占い師)、ブブゼラ選手とともに大会全体を盛り上げたジャブラニ氏、そして、彼らと並べてもなんら違和感のないディエゴ・マラドーナ氏が大会を盛り上げました。

一方、当のブブゼラ氏は、記者会見で虫の羽音のような大音響を上げて、受賞の喜びを表現していた。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ