UnNews:INAXトイレに脆弱性 巨大ロボットに変身?

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2013年8月5日配信】 あるコンピュータセキュリティ団体によると、INAXスマートフォン対応便器脆弱性が発見された。その団体によれば、この脆弱性を利用するとスマートフォン一つで便器を自由に動作させることができるという。

このセキュリティ団体はYouTube上にこの脆弱性に関する動画を公開した。この動画にはスマートフォン一つで便器を自由に動かしている様子が記録されており、隣の便器の蓋が自動で開閉したり、勝手に水を流したり、パワー最強でウォッシュレットを発動させるなどした他、挙句の果てには便器が勝手に歌い出したりしていた。極めつけは動画の最後に記録されており、スマートフォン側で何か特殊な操作をすると、便器に足が生え勝手に動き出し始めた。それに呼応するように周りの他の便器も同様に動き始め、最後には合体して巨大ロボットに変身してしまった。出演者はさらに何かを入力したが、巨大ロボットが急に動き出したところで動画が途切れていた。このあとも撮影が続けられていたようであるが、撮影者や出演者の無事は確認されていない。

ある専門家は、この動画について「便器が操作できる脆弱性はブラフであり、本来はなにか別の目的があると考えられる。ロボットは別の操作機構でできており、例えばパスワードを間違えると動作しない、または操作者を攻撃する、というようにできているのだろう」などと、目を子どものように輝かせながら本筋とは外れたコメントをした。

なお、INAXブランドを販売するリクシルの担当者に問い合わせたところ、この件についてはノーコメントとしている。

関連項目[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ