UnNews:JR北海道、新幹線の終着駅を「北海道大学」駅に変更へ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【07月04日17:34 配信】 北海道旅客鉄道(JR北海道)は、2030年度開業予定の北海道新幹線の終着駅を、札幌駅と桑園駅の間に新設される「北海道大学駅」に変更することが、2日のプレスリリースで明らかになった。

当初は現札幌駅の在来線ホームに併設する案も検討されたが、非電化新幹線丸焼き事件等により、ただでさえお金が無くなったJR北海道は、「大丸やステラをぶっ壊して無理やりホームを作るより、手前に新駅作った方が儲かるんじゃね?」(関係者談)との声が上がり、急遽札幌駅の西側300mに新駅を設置することになった。

別のJR北海道の関係者によると「新駅の名称を公募した結果、『北海道大学』、『新札幌MARKⅡ』、『本気になったら大原前』、『ニュー札幌』、『試される大地』というフザケたものばかりだったため、消去法で『北海道大学駅』にせざるを得なかった」とコメントしている。

かねてより北大南門エリアの新駅設置を願っていた地元住民は、「九大東大はすでに自分の校名を冠した駅があったのにウチには無かったのは悔しかった」「これで偏差値は10は上がる」「新幹線通学もできるから宮廷最下位は返上」と概ね好意的に受け止めているものとされる。

しかし、この駅名に関し一部の市民は「道庁も近いのに無視とはけしからん」「せめて道庁前北大に汁!」との声もあり、新函館北斗のような見苦しい命名騒動が勃発するのは不可避な状況であるとの声も囁かれる。

なお、北海道大学駅の在来線ホームは3両編成のみ停車可能となる見通し。このため、停車するのは山川豊のデビュー曲でお馴染みのアノ路線真・函館本線カレッジタウンの普通列車と意志狩りライナーのみであり、カムイポートやスーパー北斗の拳などの優等列車は全便通過となる模様。カレッジタウンはここが終点である。札幌直通は新十津川と同じく一往復である。

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ

脚注[編集]