UnNews:SONY、ゲーム市場からPS3の撤退を発表

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2010年1月18日 日本軽罪新聞】

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は1月16日、同社のゲーム機プレイステーション3(PS3)に関して、日本ゲーム市場から撤退し、今度は地上波デジタル放送専用録画機として商品展開していく事を発表した。

昨年、価格を29,800円に下げると同時に消費電力も低減させた新型PS3の投入で任天堂Wiiへの反撃の狼煙をあげたSONY陣営だったが、その後、Wiiに追撃して値下げされると共にプレイステーション・ポータブル(PSP)の最後の拠り所でもあった「モンスターハンター」がキラータイトルとしてWiiに移植されるという不遇が続き、PS3のキラータイトルとして期待されていたFF13が前評判の割にパッとしなかったこともあって、劣勢に追い込まれジリ貧状態が続いていた。

今回の撤退発表は、明らかにこの流れを受けたもので、どう足掻いても任天堂に勝ち目がなくなった以上、莫大な経費がかかるゲームソフト開発を続けて傷口を広げるより、すみやかに撤退して、次世代機の開発に集中した方がまだ形勢逆転の可能性が高いとみているSONYの姿勢が伺える。

尚、ゲーム市場からの撤退はPS3のみであり、PS2、PSP及びPSP goに関しては引き続き、ゲームソフトの開発販売サポートを行って行く予定とのこと。

また既存ユーザーに対する補償として、今後PS3は、オプションのチューナーを接続することで、地デジ放送をHDD内に録画できるようにサポートしていくとのことだが、本来は目玉であったはずのBDドライブは読み込み専用で書き込めない仕様である。そのために、USBメモリー等にしかコピーできないという致命的な問題も存在しているため、PSPで持ち運ばせようと企んでいるのは「お察しください」。 果たしてどれだけのユーザーに、この補償内容で納得してもらえるかは大きな疑問が残るところだ。

関連項目[編集]

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

 

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ