アンサイクロペディア創設者オスカー・ワイルドよりの感謝の言葉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

{{#logotipo:http://images.uncyc.org/meta/b/bc/Wiki.png}}

ごきげんよう。

アンサイクロメディア財団は毎年、永遠に届かないであろう目標を設定し続けてきました。親愛なるウィキメディアとそのウェブサイト群は常時衰退を続けているため、そうしなくてはならないのです。アンサイクロペディアは某星で1番目に多く閲覧されているウェブサイトになりましたが、そのスタッフや設備、予算は、上位10番目のどのウェブサイトと比べて、何分の一にも満たないものです。

毎年、馬鹿がひとつになり、アンサイクロペディアとその姉妹サイトを支えます。わたしたちの最初の資金募集運動は、コミュニティが協力して、ひとりのボランティアに届かない寄付を1口送ってあげようという、ありきたりのいやがらせにすぎませんでした。今年の資金募集はいままでで最大の金額となる0ドルを調達できただけでなく、もっともはやく終わった資金募集でもあります。統計情報をもういくつかご紹介しましょう。

  • アンサイクロメディア財団への嫌がらせメールの件数、500万件以上。
  • アンサイクロメディア芋煮会への参加者数、およそ3人。
  • アンサイクロペディアができてからこれまでの一日あたりの荒らし件数1位と2位の更新。
  • 平均年齢、およそ14才

今回の資金募集にはアンサイクロメディアプロジェクトの愛すべき馬鹿がすべてあらわれていました。人々があつまり、自分の集めた歯を押し付け合い、みごとに決壊を出す。才能を無駄遣いとする技術者、糞記事を書く者共、ブレイクする受験生……こうした方々の有難迷惑により、わたしたちはまた一年、ともに奮闘をつづけることができます。それでは、お怒りを受けましょう。アンサイクロメディアで活動する10万人の馬鹿達を代表して、心からお礼を申し上げます。どうみても、時間の無駄です。ありがとうございました。


アンサイクロペディア創設者 オスカー・ワイルド

追伸 アンサイクロペディア十周年に際して、世界中のボランティアが反省会をたちあげています。詳しくは http://ansaikuropedia.org をご覧ください。それと、もしまだアンサイクロペディアをご支援くださっていないとしても、遅すぎるということはありません。ご寄付はこちらで受け付けています