Uncyclopedia:サンドボックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Uncyclopedia:サンドボックスへようこそ! 操作の基本を、練習してみましょう。

  • ここは、アンサイクロペディアで編集・執筆をするための練習や実験などに使用するページです。砂箱ではありません。
  • テンプレートのテスト編集がしたい方は、テンプレート専用のテストページをご活用ください。
  • 初心者の方は、このページを編集する前に、必ずヘルプページを一通りよく読み、用法・容量を守り、正しくご編集ください。使用法を正しく守らなかった場合、あなたの今後の編集活動に重大な影響を与える可能性があります。
  • 更に格好良い文を書きたい人はHelp:編集の仕方ウィキペディアの解説ページを参考にするといいでしょう。
  • 自分が書いた文はテストが終了したら自分自身の手で消すと良いでしょう。

以上でご不明な点やクレームのある方はヘルプデスクへ御出頭ください。エゴイスト優しい人たちが手取り足取り答えてくれるはずです。

このテンプレートは除去してはいけません!

ハニュウユヅル(はにゅうゆづる)とは、鳥綱ツル目ツル科の鳥類である。現在1羽のみ生息が確認されている。

概要[編集]

二本足で直立し、生活のほぼすべてを地上において行っている。ときおりジャンプする姿も目撃されるが、翼が退化しているため、飛行することはない。

氷上におけるダンス[1]の華麗さについて専門家から高い評価を受け、その模様が映像によって公開されると、鳥愛好家のみならず一般の大衆からも注目を集め、人気を博している。

最初に確認されたのは仙台市であり、そののち世界各地で目撃されるようになる。目撃されるたびに羽毛の模様が違い、別個体と誤認するものもまれに居るが、目撃情報があるたびに即座に専門家がその映像を鑑定し同じ個体だと特定するため、一般のニュースに触れられる状況にある多くの者は、正しく個体を同定できている。

名称[編集]

漢字で書くと「羽生弓鶴」であり、武蔵国羽生郡(現在の埼玉県羽生市)周辺で作られていた羽生弓(はにゅうゆ)に姿が似ていることから命名されたが、「はにゅう・ゆづる」と誤った区切りで読むものが多数出てしまい、そこから「ユヅ」という愛称・俗称が定着してしまった。このことについて、富士サファリパークなど多くの動物園では、ホームページなどで正しい呼び名の広報に努めている。

脚注[編集]

  1. ^ 一般的動物のそれから類推するに求愛のための物と思われるが、ダンスの際には求愛相手がいないことがほとんどであり実態は不明