Wnn

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Wnn」の項目を執筆しています。

Wnn(うんぬ)とは、日本語入力システムの一つである。元々はUNIXワークステーション向けに開発されたが、現在は携帯電話などでも使用されている。あまり目につかないところでがんばる地味なソフトウェアである。

概要[編集]

この珍しい名前は「Watashino Namaeha Nakanodesu」(私の名前は中野です)の頭文字から取られている。なぜ「中野」なのかは謎に包まれているが、一説によるとこのシステムの根幹に関わるものだという。

Wnnは日本語入力システムには珍しく、サーバ・クライアント型のシステムとして動作する。つまり、文字の変換はサーバで行っているのである。そして、そのサーバの中に閉じ込められて一生懸命文章の変換を行っている人が「中野さん」なのだと言うことである。日本語入力ソフトの代表格であるATOKを越えるとも言われる変換精度は、中野さんの日々の努力によって支えられているのだ。

ところで、Wnnは携帯電話にも搭載されている。さすがに携帯電話はクライアント・サーバ型のシステムの搭載は難しかったため、端末の中に中野さんを搭載する予定であった。しかし、携帯電話の爆発的な普及速度に中野さんの数が間に合わなかったため、当初は中野さんエミュレータを搭載して販売されることとなったのだが、中野さんエミュレータはエミュレーション精度が低く、そのためPCのノウハウを存分に生かすことのできたモバイルATOKや、あまり実績のなかったモバイルRupoにすら敵わない状況が続いていた。現在は中野さんエミュレータの搭載をやめ、培養された中野さんを使用しているため、変換精度では他のソフトウェアと遜色なく、特に予測変換に関しては、人力の強みを生かせているのか快適であると評価されている。

中野さんのライバルたち[編集]

UNIX編[編集]

Canna
中野さんに影響されて作られたクライアント・サーバ型日本語入力システム。中野さんに輪をかけて地味である。本当の親には捨てられて里子に出された。
Sj3
ソニーのワークステーションに乗せられていた。中野さんとかんなとあわせて地味UNIX日本語変換ソフト御三家の一つである。やっぱり里子に出された。
Anthy
アンシーと読む。世界を革命する人の花嫁さんと同じ名前なのは偶然ではない。ちなみに、本当にUNIX系OSの日本語入力の世界を革命できるだけの能力があるらしい。作ったのは京大生の何かを間違っているオタク
SKK
Wnnが中野さんに全てを委ねているのに対し、SKKはAI変換を否定する日本語変換システムである。漢字の変換開始ポイントから送り仮名の位置まで全て入力者がローマ字の大文字/小文字を駆使してコントロールしていく。これに慣れて辞書を鍛えると入力方法が違いすぎるため他のIMには戻れなくなるといった伝説も聞かれる。
T-Code
Wnnは中野さんが全てを変換しているのに対し、T-Codeは何もしない日本語非変換システムである。入力方法が違いすぎるため修得すると他のIMには誰一人として戻れないが、それ以前に、修得できる人が世界に30人しかいないことが数学的に証明されている

その他編[編集]

ATOK
えーとっく あれ、あとっくだっけ? えーとーく? まあいいや。名前は阿波徳島の略。日本製ソフトウェアの雄とされる。割に名前が読めない。Windowsと携帯電話でのライバルである。変換効率では遜色がないが、知名度で圧倒的に負けている。がんばれ中野さん。
MS-IME
Windowsのデフォルト。変換効率では勝負にならないが、知名度では逆の意味で勝負にならない。
松茸
ええと、どちらさまでしたっけ?


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
Wnnの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)