ことわざの一覧

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2007年2月8日 (木) 18:05時点におけるWWK (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: '{{草案}} ことはざとは昔あった出来事などから作った言葉である == あ行 == <!--追加する時は50音順で。--> ===後の血祭り=== 昔ある...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぞぬ.jpg この項目「ことわざの一覧」は常に不完全であり、フォローが必要です。

そのため、秀逸な記事にして下さる中の人を求めています。
つまり、この程度の内容で我慢できる野郎はお呼びではありません。
また、最低でも通常のMSの3倍の性能を要求します。
※編集が加えられた時点でサポートの対象外となります。ご注意ください。 (Portal:スタブ)

ことはざとは昔あった出来事などから作った言葉である


あ行

後の血祭り

昔あるところで大量殺人があって、警察がやってきたらすでに血の海だった。要するに手遅れで無駄なこと。

犬も歩けば棒に刺さる

犬が歩いていると棒が刺さってしまうという大変ネガティブなことわざ。「犬も歩けば棒にあたる」は間違えて覚えられたものである。

石抱の上にも三年

世の中にはこれほどのマゾヒストもいるということ。

思い立ったか?気違い

何かをしようという気持ちになったが、気違いなので何をしたいかわからない。要するに無駄なこと。

か行

家法は寝て待て

家法(分国法)が厳しすぎて、もっと決まりが軽くなるまで寝て待つということ。しかし家法は二度と良いほうに改正されることはないでしょう。

腐っても~たい

どんなに腐った人間でも何かはやりたいということ。あれとかこれとか

弘法にも腕に腹巻

弘法が腹巻を腕ごと腹に巻いて動けなくなった様子。もちろん木製なので身動きは取れません。「弘法にも筆に誤り」は間違えて覚えられたもの。

さ行

猿も気から落ちる

どんなにバカな猿でも、人間から散々悪口を言われると気から落ちてしまうことしまうこと。「猿も気から落ちる」は間違えて覚えられたもの。

触らぬ神に祟りなし

痴漢をする田代まさしとかミラーマン)はいつかは逮捕されるので痴漢はいけないということ。

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行