ささやき女将

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2008年6月5日 (木) 01:12時点における九州人 (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: '{{ウィキペディア|船場吉兆}} {{ウィキペディア|湯木佐知子}} '''ささやき女将'''(ささやきおかみ)とは、え~…その……<sub>「船...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「船場吉兆」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「湯木佐知子」の項目を執筆しています。

ささやき女将(ささやきおかみ)とは、え~…その……「船場吉兆の代表取締役です」(ささやき)……に、日本の高級料亭であります船場吉兆の元代表取締役でございます。

武勇伝

船場吉兆方式の確立

ささやき女将は吉兆グループの創業者・湯木禎一の三女として1937年、この世に生をうけました。そして1991年、吉兆の暖簾分けにともない、夫らと共に船場吉兆を設立しました。その後は九州などに積極的に出店し、事業を拡大させました。そして、お客様の食べ残し…と言いますか…え~……「お客様がお食べにならなかった物」(ささやき)……お、お客様がお食べにならなかった物を使い回して出す手法を考案しました。

数々の伝説

2007年、賞味期限切れの菓子の販売、鶏肉・牛肉の産地偽装などが発覚し、赤福東国原英夫をはじめとする全日本国民に衝撃を与えました。発覚当初は、その…え~……「責任逃れの発言を」(ささやき)……せ、責任逃れの発言をしてしまいましたが、え~…その後は……「しっかりと反省し、再発防止を誓いました」(ささやき)……い、一応反省はしているようです。

伝説の会見

以上のような不祥事によってエクストリーム謝罪2007年大会に出場しました。その際に行った記者会見上で、伝説の腹話術(ささやき)を見せ、全国民をアッと驚かせました。

そして、廃業へ

一連の不祥事発覚後も、家族経営を批判される中で自ら代表取締役になるなど、空気を読めない行動を行いました。彼女はおそらくこの時、え~…なんと言いましょうか…その……「頭が真っ白になって」(ささやき)……あ、頭が真っ白になってしまったと言いましょうか…。しかし2008年に入り、前述した使い回しが発覚し、二年連続でエクストリーム謝罪大会に出場するという快挙を成し遂げました。

関連項目


この項目「ささやき女将」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)