ひらがな

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2015年3月29日 (日) 12:00時点における1.79.76.183 (トーク)による版 (→‎ゑゐヰヱ)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ひらがな」の項目を執筆しています。

ひらがなは にほんごの いっしゅで ある。 きょういくとちゅうの こどもと、かんじが かけない ばかが つかう。

れきし

もともとは そびえとで つかわれて いたが、せん きゅうひゃく よんじゅう しちねんに にほんに つたわった。そびえとでは そのご、どいつじんに よって ひらがなは ほろび、にほんだけで つかわれた。

即時削除
こんな糞記事はとっとと削除しちまえ! こんなもん二度と作んじゃねぇぞ!!

このページは即時削除の方針に従い、このままだと削除されるでしょう、多分

理由:テンプレートの引数に即時削除依頼の理由を書いてください。

もしこのページの削除に納得できないならば、アンサイクロペディアは何でないかあたりについてもう一度考え直し、記事に面白おかしく改造手術を施した上でこのテンプレートを取り除いてください。勝手に取り除くとこわい人怒られちゃうかも。

管理者へ - 削除の前にはリンク元履歴のチェックをお願いします。

そのご にっちゅうせんそうが げきかした おり、ぐんぶの しゅどうに より てきせいご はいせき うんどうが おこり、 かんじの しようが きんじられた。 ひらがな のみで ぶんを かく ことが いっぱんかしたのは この ときで ある。 しゅうせんご この しゅうかんは すたれるかと おもわれたが、 にほん しんちゅうぐんの しれいかんで あった だにえる・きいすは この せいどを ふっかつさせた。 この けっていには、 にほんじんの よみかきのうりょくを おとし、 こくりょくを よわめる いとが あったと される。 あめりかじんには みみずの られつにしか みえないと いうが、 にっちゅうせんそうに よる ためで ある。

むかしのひらがな

  • ゐ‐ゐってな、げんざいは「み」ってゆうてんねん。なんでかって?ひらがなの「み」

にみえるからや。

  • ゑ‐ゑってな、るっていうねん。
  • もうこんくらいにしとこか。

しゅるい

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわ

だくおんと はんだくおん

ぱぴぷぺぽ などが はんだくおんと よばれる ひらがな。 ばびぶべぼ などは だくおんと いう ぜんえいてき ひらがな。

とくしゅな ひらがな

「ゔ」「ゎ」「ぁぃぅぇぉ」これらは、みちの げんごを ひょうげんする ときに つかう。 「を」- これは、 こーんうぉーるごと いう じゃんるでしか つかえない もじ。「ん」- この もじが ことばの あたまに くる ことは ぜったいに ない。 ただし、 がいらいご(かたかなご)に そんざいする。 たとえばんごまんじゃめななどで ある。

きんだんの ひらがな

ゐゑ

これらの ただしい よみかたは、 れきしの なかで うしなわれた。 もともと にんげんの こうこうこうぞうでは はつおんできない おんを あらわしていると いう せつも ある。 にもじを あわせて、 おーぱーつと よぶ。

つかわれかたの れい

ゐゑーゐ

これは、「ぶ」を よむように 「う」を いう。

つかわれかたの れい

ぃんせんと・ぁん・ごっほ

ことば あそび

「ゎぃゎゕょゎぃゕっぉ、ゕっょぅっぅぃゃゃゎぁ。ぅっゃゎ。ぁゃゃぉっゅぃぃ」 げんだいごやく すると、わたしは かよわい かつお、かつようつういややわあ。うつやわ。あややおつゆ

かたかなとの かんけい

かたかなは にほんに こくんしか つかわない ことばで、 おもに がいこくごを にほんごで ひょうげんする ときに つかう。 ひらがなは にほんじんしか つかわない。 かたかなと いっしょに する ことは きんしされてる。

ついしん

どーか ひまが あったら、 うらにわの ある じゃーのんの おはかに、 はなたばを そなえて あげて ください……

つかわれかた

ひらがなは かたかなや かんじと くらべて めだたないと いわれて いる。 だが、 ぶんぽうを まなぶに つれて ひらがなの そんざいいぎが すこしずつ りかい できる ように なって くる。

その そんざいいぎとは かくじょしや ようげんの かつようごびの ひょうきに ひらがなが もちいられて いる ことだ。

かんれん こうもく

がいぶりんく