オタク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2006年1月31日 (火) 20:55時点におけるKasuga (トーク | 投稿記録)による版 (Mistranslated from Otaku)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Mistranslated from Otaku

出典:バ科事典(Uncyclopedia)

For the English version; see Otaku

オタクの神アヤナミの衣装を身にまとったオタク

語義

オタクとは、悪臭を放つ毛深く肥満した生物である。通常、オタクの生息地は実家の地下室か暗い部屋であり、 コンピューターのディスプレイかテレビのみが唯一の光源である。無知なアメ公どもは「オタクという用語は『愛情に溢れた熱心なファン』の意味である」と思い込んでいるが、実際は「オタク」とは日本語で「キモい白人」を意味する言葉である。オタクは一日中アニメを見るか、ガイア・オンラインをネットサーフィンし続けているため、太陽光線の不足により、その本来の人種がいかなるものであるかにも関わらず、早晩白人となるのだ(吸血鬼を参照せよ)。オタクは実家の地下室か自室に終日ひきこもり、アニメと呼ばれる日本の子供向けマンガの視聴に没頭する。アニメには、多くの場合触手にレイプされる青い髪の女性が登場する。その肉体的な外見とは無関係に、すべてのオタクは雄である (これは何も特別なことではない)。オタクの主食はポッキーという、無垢な人間の魂から生成された食品である。

論争

オタクは単性ではなく、雄と雌の両性であるという議論が存在する。通常、雌オタクはホット・ゴシックで買った黒い衣服で着飾ると考えられている。雌オタクはアニメやマンガから女性のような外見の二人ないしはそれ以上の男性を選び出し、彼らがトウモロコシの芯を使ったアナルセックスを繰り広げる同人小説や同人漫画を制作することを好んでいる。この同人作品は多くの場合、「やおい」と呼ばれる。

宗教

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する中性的な綾波レイが、オタクの信仰する神である。オタクは詩を捧げ、同人誌を作る事によってこの神を崇拝している。アニメコンベンションで綾波の衣装を身にまとうのも、一般的な慣習である。

更に、オタクは日本が魔法の国であると信じている。この乳と気持ちの悪い18禁アニメの流れる国で、アニメは発生した。オタクは日本人は魔法の力を持った不思議な民族であり、すべての日本人はホットであると信じている。

希望

USA(アルメニア合衆国)は、『ティーン・タイタンズ』や『ビーバス・アンド・バットヘッド』、『エヴェンゲリオン』、『ガンビー』などのアニメを見せることによって、子供や若者、水鳥をアニメから解き放とうと試みている。この試みは1784年の南北戦争を引き起こし、更には第一次世界大戦の原因となった。

日本文化の影響は、現在合衆国文化に多大な影響を及ぼしている。主な影響は、パンティ自動販売機のあらゆる街頭への設置と、ゴジラおよびモスラの慎重に計画された進入、潔癖症などである。

オタクは速やかに撲滅されなければならない。オタクはアルメニア合衆国に降りかかった恐るべき疾病かつ荒廃であり、我々は寄付を必要としている。

関連項目