「オープンイノベーション」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
9行目: 9行目:
 
しかし、2010年代になると、近代化が進み過ぎて新規事業を立ち上げる余地が少なくなったり、新規に顧客開拓したくても他の会社に囲い込まれているために開拓が困難になっていたり、新しい製品を開発しても古い製品との差別化に苦しみあまり売れずに市場から消えゆく製品ばかりになってしまい、2010年代後半になると「1:5の法則」や「5:25の法則」<ref>前者は「新規顧客開拓には、既存顧客維持の5倍のリソースが必要」、後者は「5%の既存顧客離れを防ぐだけで、25%利益が改善する」という意味</ref>という「新しいことはしないほうが良い」というマーケティング用語がビジネスの世界で席巻するようになってしまい、イノベーションが起きづらい状況に陥っていた。
 
しかし、2010年代になると、近代化が進み過ぎて新規事業を立ち上げる余地が少なくなったり、新規に顧客開拓したくても他の会社に囲い込まれているために開拓が困難になっていたり、新しい製品を開発しても古い製品との差別化に苦しみあまり売れずに市場から消えゆく製品ばかりになってしまい、2010年代後半になると「1:5の法則」や「5:25の法則」<ref>前者は「新規顧客開拓には、既存顧客維持の5倍のリソースが必要」、後者は「5%の既存顧客離れを防ぐだけで、25%利益が改善する」という意味</ref>という「新しいことはしないほうが良い」というマーケティング用語がビジネスの世界で席巻するようになってしまい、イノベーションが起きづらい状況に陥っていた。
   
日本の事業会社の人事もその状況を後押ししており、近年の日本の大企業の重役層は「新規事業や新規顧客開拓で結果を出した」人がほとんどいなくなり、「[[リストラ]]で成果を出した」「社内の調整で結果を出した」人が大半を占めるようになっていた。そのような人事が行われるため、日本企業で将来の出世を期待する「幹部候補」は、出世の足を引っ張る「失敗の経歴」を積ませないよう、新規事業や新規顧客開拓に充てられない(充てたとしても1年以下の短期間である)傾向が強まり、日本企業の新規事業や新規顧客開拓、研究開発担当は「出世意欲がない人達」の溜まり場<ref>[http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00134/030600024/ マツダのエンジン研究開発部隊]のように、「なかなか認められずむなしいけど、給料もらえるからいいか」と思える人達を集めるのが良いとされている。</ref>になってしまい、ますますイノベーションが起きづらい状況となっていた。
+
日本の事業会社の人事もその状況を後押ししており、近年の日本の大企業の重役層は「新規事業や新規顧客開拓で結果を出した」人がほとんどいなくなり、「リストラで成果を出した」「社内の調整で結果を出した」人が大半を占めるようになっていた。そのような人事が行われるため、日本企業で将来の出世を期待する「幹部候補」は、出世の足を引っ張る「失敗の経歴」を積ませないよう、新規事業や新規顧客開拓に充てられない(充てたとしても1年以下の短期間である)傾向が強まり、日本企業の新規事業や新規顧客開拓、研究開発担当は「出世意欲がない人達」の溜まり場<ref>[http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00134/030600024/ マツダのエンジン研究開発部隊]のように、「なかなか認められずむなしいけど、給料もらえるからいいか」と思える人達を集めるのが良いとされている。</ref>になってしまい、ますますイノベーションが起きづらい状況となっていた。
   
 
しかし、世界に目を向けるとイノベーションは常にどこかで起きてる状況であり、このままでは日本が先進国の座から落ちてしまう危険性がある。そのため、日本の事業会社は先ず「中途採用」を強化して外部から風を吹かすことでイノベーションを起こそうと試した。しかしその中途採用者は「出世意欲がない人達」と一緒に仕事をする状況であったため、最初は目を輝かせて成果を出そうとしても1年も経てば組織の厭戦的雰囲気に巻き込まれてしまい、その中途採用者に数年で出ていかれてしまう状況が相次ぎ、中途採用強化によるイノベーション起こしは上手く行かなかった。
 
しかし、世界に目を向けるとイノベーションは常にどこかで起きてる状況であり、このままでは日本が先進国の座から落ちてしまう危険性がある。そのため、日本の事業会社は先ず「中途採用」を強化して外部から風を吹かすことでイノベーションを起こそうと試した。しかしその中途採用者は「出世意欲がない人達」と一緒に仕事をする状況であったため、最初は目を輝かせて成果を出そうとしても1年も経てば組織の厭戦的雰囲気に巻き込まれてしまい、その中途採用者に数年で出ていかれてしまう状況が相次ぎ、中途採用強化によるイノベーション起こしは上手く行かなかった。

Uncyclopediaへの投稿はすべて、Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike (詳細はUncyclopedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート: