カスミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この人物は死亡しています
天国でも水ポケと遊んでなさい

カスミとは華陀 霞女性。指定暴力団華陀組の現組長。元若頭華陀組のおてんば人魚という異名を馳せ、戦後ポケモン社会史上最悪の狂犬一人と恐れらている。

この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

来歴

華陀(はなだ)組の4姉妹の末っ子として生を受け幼少のころより、喧嘩に明け暮れた。時には金槌で執拗に標的を追い回した。

それらあまりに攻撃的な行動よりとうとう 華陀組から絶縁。時和組の周辺の縄張りを荒らしまわる。

その折、赤井悟に単車を破壊されると激怒し、赤井悟に執拗な暴行を加えた。「丹毘組、華陀組にカチコミをかけろ、そうすれば許すと。」

脅しを掛け、2人で2つの事務所を立て続けに襲撃。姉の3姉妹を自らの手にかけ、後継者問題に持ち込み、絶縁状を撤回され、若頭補佐として華陀組に戻る。

混乱していた丹毘組を参加に収め、事実上、2つの町を支配する。そのご赤井を警察操作網から逃すため地下通路を通してサンタマリア号に案内した。 その後、偽の略歴を利用してティターンズに入隊、ハイザックのパイロットとなり、ジャブロー戦でジャブローから脱出しようとするエゥーゴの部隊を追撃する、そしてガルダ級輸送機に追いつく寸前に輸送機に積まれていたプロトタイプ・ガンダム(ハルカ搭乗機)にビームライフルでメインカメラを打ち抜かれ、その後、ジャブローの崩壊と運命を共にした。・・・ように思われていたが、何とか生還を果たし、ブルーコスモスによって強化処理を施される。そしてブーステッドマンとしてカラミティガンダム(ブルーカラー)の生体CPUとなるが、コーディネーター繋がりでジャスティスガンダムのパイロットになっていたヒカリに討たれた。

アニメでのカスミ

  • かなりお転婆である。非行少年サトシに100万円もする自転車を破壊され、弁償して罪を償えといったが、最後まで弁償してもらえず九州に逃亡されてしまう。
  • 5年もヒロインを務めたのにギャラはハルカヒカリより低い。その理由は主役、事務リーダーという生まれつきの地位の差である。
  • 水ポケモンばかり使うので、水ポケオタクと呼ばれている。4姉妹の末っ子であるくせに、姉より水ポケに詳しかったり、生意気なところが目立ちすぎる。ナンパ男タケシが目をつけないのもわかる。
  • 実はギャラドスが大の苦手だった。彼女はそのことを恥じている。
  • 一回、巨大軍事組織ミラージュのオペレーターにスカウトされたことがある。その理由はトゲキッスを所持していたかららしい。しかし、彼女はトゲキッスを犠牲にその誘いを断った。
  • その正体はサトシが幼い頃に可愛がっていたロコン。サトシに会うべく命と引き替えに人間の姿を得るが同時に記憶も失っているためにそのことを自覚していない。

ゲームでのカスミ

  • 水ポケモンで勝負を仕掛けてくる。2番目のジムの癖に結構てこずる人もいるとか。なので、ピカチュウをレベル26まで上げて、10万ボルトで倒すと良い。
  • ちなみに電気ショックだと死なないことがある。

漫画でのカスミ

  • アニメどおり非行少年サトシに自転車を壊され、一時旅を共にすることに。
  • アニメよりも胸が大きく、お色気シーンが多い。これは漫画版の作者がカスミスキーであることが原因である。最終話においてはサトシに入浴現場に乱入され禁則事項ですされるシーンがあったが削除されたとかされないとか。

強さ

  • 多分、B級ぐらいの強さはあると思う。
  • スターミーは結構素早さが高いので、こちらはA級といっても過言ではない。
  • フシギソウ眠り粉か、毒の粉をお見舞いする作戦もいいかもしれない。
  • 悪意ある加筆者の手により、攻略が困難。

持っているポケモン

  • スターミー(愛玩用)
  • フリーザー(吹雪でいけるところまでいくスイクンに次ぐ2番手)
  • ミロカロス(高い特防で電気ワザを耐え、ミラーコートで相手を逆に殺してしまう殺しのエース。
  • スイクン(サンダーのかみなり対策の一番手)
  • ギャラドス(相手が電気系じゃないときのキリフダ)
  • キングドラ(ドラゴン属性があるという理由で持ってる。)
  • ルギアは何故か手放されました。一部の情報ではカスミがルギアを料理して食べたと言う噂がある。

全ポケモンLv100 努力値最大。全ポケ改造。

関連人物

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情錆びないユーモアが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。