ガリッ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2016年8月24日 (水) 09:14時点におけるHammerbros (トーク | 投稿記録)による版 (→‎最後に)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ガリッ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

もしかして: ガリ


ガリッとは、聞いてはいけない音を聞いてしまったような気がする...、である。日常生活を普通に送っている時でも、いや、日常生活を送っているからこそ言えることであるが、度々この「ガリッ」というものに遭遇する。

食事という日常光景の中で[編集]

あなたがアサリの味噌汁をすすっていて、中に入っている具を噛んでいる時、たまに「ジャリッ」という不快な感触を味わう。きっとあなたは「アサリの中に入っていた砂でも噛んでしまったのだろう」とそのまま食事を続けるのだが、今度は「ガリッ」...。砂にしては固すぎると不審に思ったあなたはに何があったかを確かめてみると、そこには貝殻のかけらが入っていた。しかもそれが尖っていて、そのせいで口の中を傷つけ口内炎となってしまい、あなたは軽くに浸るのである。

部屋の中でゆっくりしているという日常光景の中で[編集]

家の自室でテレビを見たりパソコンのデスクとにらめっこしたりと、あなたがくつろいでいる時、「ガリッ」という音が天井から漏れてきた。あなたはそれに対して気も止めず、今していた作業を続行していたら、急にテレビやパソコンの電源が切れてしまった。ブレーカーが落ちた訳でもなく、電話で配線工の人に来てもらったら、天井裏にはネズミが!コードをネズミがかじって断線したらしく、しかも感電したせいかネズミの死骸がそこに横たわっていた。あなたは修理費を払わなければならない上、ネズミ駆除もしなければならなくなったのである。

模型等の組み立てという日常光景の中で[編集]

一部の人には当てはまるかもしれない。楽しみにしていたプラモを買ってきて早速組み立ててみるが、どうも部品が合わない。納得行かず力に任せたその瞬間、「ガリッ」……。そのプラモは二度と完成することのない運命となってしまった。後で似た部品と間違えていた事に気づいて後悔するというオチもついてきて、踏んだり蹴ったりである。

を駐車するという日常光景の中で[編集]

この節を書こうとしたアンサイクロペディアンは、
過去に苦い経験をしたしまったことを思い出したのでトラウマになってしまい、
この部分が書けなくなってしまいました。

最後に[編集]

ガリッ」という音を聞いたら、あなたはそれを放っておいてはいけない。それは断じて空耳などではなく、あなたに対する警鐘の合図であるのだ。

……ガリッ

え、何か聞こえた?多分それは気のせいだろう。

関連項目[編集]


この項目「ガリッ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)