グッドデザイン賞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2010年4月28日 (水) 20:41時点におけるくまいち (トーク | 投稿記録)による版 (改稿してみました。)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Uncyclo letter u2.png
この記事には拡張が必要です。

この記事は無限の可能性を秘めています。
質・量ともに充実させて、完全無欠な嘘八百記事にしてください。
編集の際にはここと以下のコメントを参考にしてください。

注:貼り付けから30日以内に拡張されない場合、この記事は削除の候補となります。
30日経っても改善が行なわれていなければ、この記事へのリンクが赤く変色してしまうかも。

このテンプレートは 会話投稿記録) 2010年4月6日 (火) 14:31 (JST) によって貼り付けられました。
もう少し砕けた文体を改めてほしい
注意: このページは4281日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グッドデザイン賞」の項目を執筆しています。

グッドデザイン賞(-しょう、Good Design Award)とは、何かしっくりくる形に贈られる賞である。

概要

人間が創り出すあらゆるカタチは、過程は千差万別ながら、究極的にはそのによって創り出されている。どんなに科学が発展し、技術が進歩しようと、最後にモノを言うのは研ぎ澄まされた指先とその神経にかかっている。ヒトは手によってモノを創り、手によって創られたモノを使い、それを手にとってさらなる創作を試みる。まず手によって触り、おもむろに素材とのファーストコンタクトを試みてから、指先でやさしくなぞり、そっとつつき、かるく抓んで弾き、時に丹念にこね回し、時にはぐっと握りこみ、そして激しく叩きつける。そしてやおら道具を手にとって、官能が命ずるままに浮かんだカタチを削り出すのである。時にトライ&エラーを繰り返しながら、世界に二つとない、自分が求める究極のカタチを、右手(もしもあなたが左利きなら左手でもよい)にしっくりくる理想形を探し求める、それこそが創作の原点であり、すなわち究極なのである。

受賞

手になじみ、とてもしっくりくる理想的なカタチ。

かくて創られた無数の作品の中で、過去に受賞した作品は数多あるが、その究極系はこの二つに決まりである。

これほど人間の手にしっくりなじむカタチは、人類史上未だその例を見ない[不要出典]と言っても過言ではない。人はその本能が求めるカタチを創り出すべく試行錯誤し、時に苦悩し、時に官能を満たすのである。

「右手にしっくりくる形と言ったら、どうしても"セガレ"に似てくるモンさ。」
グッドデザイン賞 について、とある旋盤工

外部リンク

関連項目