「シャムシール」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
6行目: 6行目:
 
シャムシールの歴史は古く、1238年、[[タイ王国]](スコータイ王朝)国王'''ポークン・バーンクラーンハーオ'''が建国の記念としてペルシアのアッバース朝の国王[[ムスタンスィル]]にシャム猫を献上した事から始まる。ムスタンスィルは新興国であるタイ王国が建国記念として遥々ペルシアまで挨拶に来た事をとても喜び、贈り物であったシャム猫の事を非常に気に入った。当時[[モンゴル|モンゴル帝国]]が世界各地で猛威を振るっており、その波はペルシアにも押し寄せつつあった。多忙な軍政を送るムスタンスィルであったが、片時もこのシャム猫の事を忘れる事なく、またシャム猫も見知らぬ国の王に好意を抱き王の愛情に応えた。
 
シャムシールの歴史は古く、1238年、[[タイ王国]](スコータイ王朝)国王'''ポークン・バーンクラーンハーオ'''が建国の記念としてペルシアのアッバース朝の国王[[ムスタンスィル]]にシャム猫を献上した事から始まる。ムスタンスィルは新興国であるタイ王国が建国記念として遥々ペルシアまで挨拶に来た事をとても喜び、贈り物であったシャム猫の事を非常に気に入った。当時[[モンゴル|モンゴル帝国]]が世界各地で猛威を振るっており、その波はペルシアにも押し寄せつつあった。多忙な軍政を送るムスタンスィルであったが、片時もこのシャム猫の事を忘れる事なく、またシャム猫も見知らぬ国の王に好意を抱き王の愛情に応えた。
   
深い愛情に包まれたムスタンスィルとシャム猫であったが、慣れぬペルシアの地が原因かシャム猫は突如急死してしまう。その事をとても悲しんだムスタンスィルは過酷な国王としての生活疲労と愛猫を亡くした精神的疲労も相まって、シャム猫の後を追うようにして急死する。ムスタンスィルが朝方王座に戻らず、王を呼びに部屋に入った側近は彼が眠るようにして息絶えている姿を目の当たりにした。亡くなったムスタンスィルの手はまるで猫を抱くような格好であったという。
+
深い愛情に包まれたムスタンスィルとシャム猫であったが、慣れぬペルシアの地が原因かシャム猫は突如として急死してしまう。その事をとても悲しんだムスタンスィルは過酷な国王としての生活による肉体的疲労と愛猫を亡くした精神的疲労も相まって、シャム猫の後を追うようにして急死する。ムスタンスィルが朝方王座に戻らず、王を呼びに部屋に入った側近は彼が眠るようにして息絶えている姿を目の当たりにした。亡くなったムスタンスィルの手はまるで猫を抱くような格好であったという。
   
 
== 国葬 ==
 
== 国葬 ==
 
国王ムスタンスィルの突然の死という知らせに国民は悲しみ、迫り狂うモンゴル帝国の影と残された息子[[ムスタアスィム]]に対する不安感で人心は揺れ動いた。ムスタンスィルの国葬で側近は国王が如何にして亡くなったか、つまりシャム猫を抱くような仕草のまま亡くなったという事を国民に知らせた。次代の国王であるムスタアスィムは職人たちにシャム猫の肖像画を書かせ、ムスタンスィルと共に埋葬した。この際に国王と共に埋葬された肖像画は'''シャムシール'''と呼ばれ、国民に深く浸透していったのである。
 
国王ムスタンスィルの突然の死という知らせに国民は悲しみ、迫り狂うモンゴル帝国の影と残された息子[[ムスタアスィム]]に対する不安感で人心は揺れ動いた。ムスタンスィルの国葬で側近は国王が如何にして亡くなったか、つまりシャム猫を抱くような仕草のまま亡くなったという事を国民に知らせた。次代の国王であるムスタアスィムは職人たちにシャム猫の肖像画を書かせ、ムスタンスィルと共に埋葬した。この際に国王と共に埋葬された肖像画は'''シャムシール'''と呼ばれ、国民に深く浸透していったのである。
   
国王の死を知らせると共にシャム猫を献上した恩義に報いるためにムスタアスィムはタイ王国の元へと使者を送り、ペルシャ猫を友好の証として送ったとされている。時の国王'''バーンムアン'''は使者を丁重にもてなし、スタンスィルがシャム猫を愛した事に習い、ペルシャ猫をまた愛した。
+
国王の死を知らせると共にシャム猫を献上した恩義に報いるためにムスタアスィムはタイ王国の元へと使者を送り、ペルシャ猫を友好の証として送ったとされている。時の国王[[バーンムアン]]は使者を丁重にもてなし、スタンスィルがシャム猫を愛した事に習い、バーンムアンもまたペルシャ猫を愛した。
   
 
== 刀剣シャムシール ==
 
== 刀剣シャムシール ==
23行目: 23行目:
 
*[[猫]]
 
*[[猫]]
 
*[[刀剣]]
 
*[[刀剣]]
  +
*[[愛]]
   
 
{{注意|この項目はまったくのでたらめに満ちています!アンサイクロペディアの内容を生真面目に信用し、学校のテストなどで間違えてもアンサイクロペディアンは誰も気にしませんし責任も取りません!}}
 
{{注意|この項目はまったくのでたらめに満ちています!アンサイクロペディアの内容を生真面目に信用し、学校のテストなどで間違えてもアンサイクロペディアンは誰も気にしませんし責任も取りません!}}

2014年2月4日 (火) 15:04時点における版

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャムシール」の項目を執筆しています。

シャムシールとは、主にペルシア(現在のイラン)で販売されているシャム猫シール、または肖像、もしくは刀剣である。

概要

献上された猫はとても大事に扱われた。

シャムシールの歴史は古く、1238年、タイ王国(スコータイ王朝)国王ポークン・バーンクラーンハーオが建国の記念としてペルシアのアッバース朝の国王ムスタンスィルにシャム猫を献上した事から始まる。ムスタンスィルは新興国であるタイ王国が建国記念として遥々ペルシアまで挨拶に来た事をとても喜び、贈り物であったシャム猫の事を非常に気に入った。当時モンゴル帝国が世界各地で猛威を振るっており、その波はペルシアにも押し寄せつつあった。多忙な軍政を送るムスタンスィルであったが、片時もこのシャム猫の事を忘れる事なく、またシャム猫も見知らぬ国の王に好意を抱き王の愛情に応えた。

深い愛情に包まれたムスタンスィルとシャム猫であったが、慣れぬペルシアの地が原因かシャム猫は突如として急死してしまう。その事をとても悲しんだムスタンスィルは、過酷な国王としての生活による肉体的疲労と愛猫を亡くした精神的疲労も相まって、シャム猫の後を追うようにして急死する。ムスタンスィルが朝方王座に戻らず、王を呼びに部屋に入った側近は彼が眠るようにして息絶えている姿を目の当たりにした。亡くなったムスタンスィルの手はまるで猫を抱くような格好であったという。

国葬

国王ムスタンスィルの突然の死という知らせに国民は悲しみ、迫り狂うモンゴル帝国の影と残された息子ムスタアスィムに対する不安感で人心は揺れ動いた。ムスタンスィルの国葬で側近は国王が如何にして亡くなったか、つまりシャム猫を抱くような仕草のまま亡くなったという事を国民に知らせた。次代の国王であるムスタアスィムは職人たちにシャム猫の肖像画を書かせ、ムスタンスィルと共に埋葬した。この際に国王と共に埋葬された肖像画はシャムシールと呼ばれ、国民に深く浸透していったのである。

国王の死を知らせると共にシャム猫を献上した恩義に報いるためにムスタアスィムはタイ王国の元へと使者を送り、ペルシャ猫を友好の証として送ったとされている。時の国王バーンムアンは使者を丁重にもてなし、スタンスィルがシャム猫を愛した事に習い、バーンムアンもまたペルシャ猫を愛した。

刀剣シャムシール

イスラムの地もキリストの地も猫は重要な存在である。

ペルシアの鍛冶士たちは鋭利な曲刀を鍛える事を得意とし、ペルシア軍の象徴ともいえるものであった。ペルシアの鍛冶士たちはこの曲刀に「シャムシール」という名をつけ「猫の如く俊敏に振る事ができるように」と薄く、しかし堅く鋭い刃となるよう心血を注いだ。のちにペルシアの刃「シャムシール」はアッバース朝が滅亡した後もペルシアの象徴として受け継がれてゆく事となる。

土産物として

元々ペルシア全域で親しまれていたペルシャ猫の存在もあり、シャム猫の肖像は広く浸透した。当初は職人たちが描くシャム猫の肖像のみであったが、現代的な技術が取り入れられることによりシャム猫のシールや切手などグッズ化進んだ。ムスタンスィルの愛したシャム猫は今も国民に根付き、引き継がれているのである。

関連項目

Nuvola apps important yellow.svg 注意
この項目はまったくのでたらめに満ちています!アンサイクロペディアの内容を生真面目に信用し、学校のテストなどで間違えてもアンサイクロペディアンは誰も気にしませんし責任も取りません!