ジョー・バイデン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2021年2月4日 (木) 01:30時点における良人 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は、en:Joe_Bidenから翻訳されたものです。
才能あふれる若きカリスマ大統領(中央)の背後に隠れがちだったバイデン(左奥)

ジョー・バイデン(Joe Biden)ことジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア(Joseph Robinette Biden, Jr.、1942年11月20日 - )は、アメリカ初の黒人大統領の隣に飾りとして立っていたことで知られる高齢白人男性政治家。2008年の大統領選挙時には誤ってアンティークの蝋人形として売却されてしまいそうになるという逸話を持ちながらも、アメリカの第46代大統領に就任することになった。

半生[編集]

出生から一回目の大統領選出馬まで[編集]

ジョーザ・プラマーバイデンは1942年11月20日にペンシルべニア州のスクラントン(アメリカ人政治家の99%が「故郷」と呼ぶ地[1])で生まれる。そして7歳で初めてアメリカ大統領選挙への出馬を宣言し、ジャップ殲滅政策で知られるトルーマンの対抗馬になろうとした。しかし、当時35歳未満であったことから大統領選挙の立候補資格を満たしておらず、あえなく失格となる。それから彼は「年齢や経験など立候補資格を満たすまでは決して立候補しない」ことを固く誓ったとされる。

二回目の大統領選出馬[編集]

バイデンは1973年にデラウェア州で上院議員選挙に初当選した。デラウェア州はアメリカの中でロードアイランド州に次いで小さな州として知られているため誰も気にしなかった。彼の名前が世に知られるようになるには2008年の民主党の大統領選挙予備選への出馬まで待たなければならなかった。

この予備選では政治家としての経験をほとんど持たない若手のバラク・オバマが勝利した。オバマはバイデンとは違って知名度があり、さらには熱狂的な信者を抱えていたためである。バイデンも予備選には出馬していたが、当時行われた調査によればアメリカ人有権者のほとんどはバイデンのことを知らず、その名をスターバックス・コーヒーの新しいメニューの名称と誤認していたとされる。

三回目の大統領選出馬[編集]

再選を目指していたドナルド・トランプ大統領との討論会で、バイデンは現職の大統領(74歳)に対して「シャラップ」と罵倒した[2]ことが評判となり、78歳にしてようやくアメリカ合衆国大統領の座を獲得した。トランプ氏は就任当時それなりに人気があったが、あまりにも饒舌すぎたために無党派の有権者に飽きられつつあった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジョー・バイデン」の項目を執筆しています。