「スポーツ狩り」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
11行目: 11行目:
 
一般的に言って、「スポーツに真面目にうちこんでいる生徒」がなんらかの問題を起こした場合は、単に「悪い仲間にそまった」あるいは「家庭環境が」などと、本人の責に非ずとの評価がなされることが多いのであるが、「勉強に真面目にうちこんでいる生徒」が同じ問題を起こした場合には、「勉強ばかりしていて人間として大事なものを身に付けていない」などと、本人の責任とされてしまうのである。そのため、体育会系の生徒による帰宅部へのカツアゲなどは「一時的な過ち」として看過されてしまいがちであるのに対し、帰宅部によりスポーツ狩りに対しては容赦ない。<br />
 
一般的に言って、「スポーツに真面目にうちこんでいる生徒」がなんらかの問題を起こした場合は、単に「悪い仲間にそまった」あるいは「家庭環境が」などと、本人の責に非ずとの評価がなされることが多いのであるが、「勉強に真面目にうちこんでいる生徒」が同じ問題を起こした場合には、「勉強ばかりしていて人間として大事なものを身に付けていない」などと、本人の責任とされてしまうのである。そのため、体育会系の生徒による帰宅部へのカツアゲなどは「一時的な過ち」として看過されてしまいがちであるのに対し、帰宅部によりスポーツ狩りに対しては容赦ない。<br />
 
また、学校外にいる人間には、スクールカーストはその存在自体が知られていないために、「勉強ができる者」が「勉強が苦手な者」より上位であるという誤った認識のもと、本来は「下位者による上位者への抵抗」である行為が「上位者による下位者に対するイジメ」であると判断されてしまうことが少なくないのである。<br />
 
また、学校外にいる人間には、スクールカーストはその存在自体が知られていないために、「勉強ができる者」が「勉強が苦手な者」より上位であるという誤った認識のもと、本来は「下位者による上位者への抵抗」である行為が「上位者による下位者に対するイジメ」であると判断されてしまうことが少なくないのである。<br />
このように、結論から言えば、スポーツ狩りによって立場の逆転がおこることはありえず、それどころかむしろ状況を悪化させカーストの固定化を助長しかねないのであるが、それでも彼らはスポーツ狩りを辞めない。なぜなら、いつか誰かがスカーストの残酷さに気付いてくれることがあるかもしれないからである。まあ、無理だけど。
+
このように、結論から言えば、スポーツ狩りによって立場の逆転がおこることはありえず、それどころかむしろ状況を悪化させカーストの固定化を助長しかねないのであるが、それでも彼らはスポーツ狩りを辞めない。なぜなら、いつか誰かがスカーストの残酷さに気付いてくれることがあるかもしれないからである。まあ、無理だけど。
  +
   
 
==関連項目==
 
==関連項目==

Uncyclopediaへの投稿はすべて、Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike (詳細はUncyclopedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)