テントウムシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2016年10月15日 (土) 21:42時点における扇町グロシア (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動 検索に移動
視力の衰えを招く光源の閲覧にご注意ください。
光害に注意!
この記事には太陽光をはるかに越える、照度総量156キロルクス以上の光源が含まれています!
閲覧にあたっては、紫外線カットレンズを有する眼鏡またはサングラスの着用や、SPF値80・PA値+++以上の日焼け止めクリームを処方することを強く求めます。
もしこの記事の閲覧によってあなたが松崎しげるそっくりさんコンテストに優勝しても、アンサイクロメディア財団は一切の賞金や祝金を授与しません!

点灯虫(テントウムシ)とは、日本全国津々浦々の明かりに生息する昆虫である。

概要

太陽の使者とも呼ばれる。 主に、

  • 白熱電球型
  • LED型

の2つに分かれる。以前はガス灯型も存在したが、ガス灯とともにこの世から姿を消した。また、小学校などには豆電球型も生息するという。 電気代が上がるのはたいていこいつの仕業。

白熱電球型

結構昔から世界中に生息域を拡大してきた型。しかし、この型に耐性を持つ電球が現れたこともあり、近頃は見る機会が少ない。2014年に、レッドリストの仲間入りを果たした。

LED

2000年代に入ってから、急速に増加している型。白熱電球型点灯虫に耐性を持つLEDに対抗しうる個体となった。そのため、かのWWFですら保護をしないと宣言した。さまざまなカラーバリエーションがある。

生態

1組の夫婦から、いくらでも新たな個体が生まれてくる。生まれた幼虫は、店頭に並んだ箱の中で蛹となる。その後は、しばらく蛹のままで、使うために箱から出され、ソケットにはめられると成虫となる。成虫は、電気を吸収しながら生活し、やがて寿命を迎える。

おわりに

この虫は、あなたの懐にあるものを食い尽くす!くれぐれも気をつけろ!

この記事は、虫に食い尽くされかけています!もっとよい、新たなえさを作ってください! (Portal:スタブ)