「パンジャンドラム」を編集中

ナビゲーションに移動 検索に移動

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。

最新版 編集中の文章
40行目: 40行目:
 
開発直後、早速イギリスの[[デヴォン州]]で実験が行われた。「超」がつくほど面倒な洗濯を一気に合理化出来るということで、マスコミ各社は勿論のこと軍のお偉いさんから[[国会議員]]まで見物しに来たりと、イギリス中の期待を集めた実験であった。なおアメリカで洗濯機を開発した発明者は、アメリカが孤立主義([[モンロー主義]])政策を採っていた為、見物に参加しなかった。
 
開発直後、早速イギリスの[[デヴォン州]]で実験が行われた。「超」がつくほど面倒な洗濯を一気に合理化出来るということで、マスコミ各社は勿論のこと軍のお偉いさんから[[国会議員]]まで見物しに来たりと、イギリス中の期待を集めた実験であった。なおアメリカで洗濯機を開発した発明者は、アメリカが孤立主義([[モンロー主義]])政策を採っていた為、見物に参加しなかった。
   
上記のようにロケットを設置し、安全圏である200m地点に開発チームと洗濯チーム、見物者を避難させたのちに点火。爆音と共に、凄まじい勢いでロケットモーターが火を吹き始めた。だが、点火直後にロケットの取り付け部分が強度不足で吹っ飛んでいってしまい、中途半端に回転したドラムは直ぐに回転力を失い、洗濯機背後からもうもうと煙を上げて止まってしまった。その姿は大変情けなかったため、見物者は誰もが口をあんぐりと開けて呆然と立ちつくしていた。
+
上記のようにロケットとTNT火薬を設置し、安全圏である200m地点に開発チームと洗濯チーム、見物者を避難させたのちに点火。爆音と共に、凄まじい勢いでロケットモーターが火を吹き始めた。だが、点火直後にロケットの取り付け部分が強度不足で吹っ飛んでいってしまい、中途半端に回転したドラムは直ぐに回転力を失い、洗濯機背後からもうもうと煙を上げて止まってしまった。その姿は大変情けなかったため、見物者は誰もが口をあんぐりと開けて呆然と立ちつくしていた。
   
 
開発チームの連中は予想していなかった結果に思わず「ガッデム!」「ジーザス!」「シット!」と叫び、青ざめた表情を浮かべ急いで洗濯機を改修。今度はロケットモーターを倍の32基に増やし、2日後に再度実験を行うものの今度はロケットが不発で失敗。実験前は[[マスコミ]]の取材に意気揚々と答えていた陽気なパンジャンドラム軍曹もこの結果には大変心を痛めてしまった。
 
開発チームの連中は予想していなかった結果に思わず「ガッデム!」「ジーザス!」「シット!」と叫び、青ざめた表情を浮かべ急いで洗濯機を改修。今度はロケットモーターを倍の32基に増やし、2日後に再度実験を行うものの今度はロケットが不発で失敗。実験前は[[マスコミ]]の取材に意気揚々と答えていた陽気なパンジャンドラム軍曹もこの結果には大変心を痛めてしまった。

Uncyclopediaへの投稿はすべて、Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike (詳細はUncyclopedia:著作権を参照)のもとで公開したと見なされることにご注意ください。 自分が書いたものが他の人に容赦なく編集され、自由に配布されるのを望まない場合は、ここに投稿しないでください。
また、投稿するのは、自分で書いたものか、パブリック ドメインまたはそれに類するフリーな資料からの複製であることを約束してください。 著作権保護されている作品は、許諾なしに投稿しないでください!

取り消し 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)