モンスターペアレント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2008年5月19日 (月) 04:05時点における九州人 (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: '{{ウィキペディア}} '''モンスターペアレント'''とは、日本の中学校幼稚園によく出現するモンスターである...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モンスターペアレント」の項目を執筆しています。

モンスターペアレントとは、日本の中学校幼稚園によく出現するモンスターである。

特徴

  • 学名を「ホモ・バイオレンス」と言い、その名からも分かるとおり、性格は極めて凶暴である。
  • この生物によって毎年たくさんの被害者が出ている。被害者の多くが小中学校の教師であり、モンスターペアレントによる攻撃によって精神的ダメージを受けるケースが後を絶たない。
  • この生物の子供が何らかの不利益を被った場合にのみ出現し、関係者に対して抗議する。ただしその抗議では、常識的に考えてありえないような主張を展開し、関係者を困惑させる。
  • 基本的に出現場所は子供の通う学校であるが、まれに電話を利用して教師等を自宅に呼び出す事もある。


出現事例

近年、日本の小中学校にモンスターペアレントが出現する事例が急増している。出現事例を挙げればきりがないので、ごく一部を紹介しよう。

  • 出現例1 ~子供の怪我~
    ある日、とある小学校にモンスターペアレントが出現。「うちの子が怪我をしたのは教師がきちんと監督していなかったからだ」と校長に掴みかかり、担任を変えるよう脅迫。校長が何度も謝罪するも、モンスターはヒステリックに叫ぶばかり。数時間にわたって校長の精神を破壊した後、モンスターは去っていった。
  • 出現例2 ~泥遊び~
    ある日、とある幼稚園にモンスターペアレントが出現。「汚いからうちの子に泥遊びはさせないでほしい」と要求。職員が「一人だけ遊ばせない訳にはいかない」と説得すると、急に凶暴化。「だったら幼稚園を変える」と言って去っていった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

対処法

急増するモンスターペアレントに対して日本政府は特別対策チームを結成して対処に当たっているが、抜本的な対処法はまだ見出せていない。福田内閣が近頃出した答申を以下に抜粋する。

  • モンスターペアレントの出現は、我が国が抱える深刻な社会問題であり、与野党を超えてこの問題の早期解決に向けて努力しなければならない。
  • モンスターペアレント出現に備えて、対応マニュアルの作成・潜伏中のモンスターの情報収集などを行える体制を早急につくる必要がある。対応マニュアルに沿って、学校・行政・自衛隊が出現時を想定した合同訓練を行うことが望ましい。さらに、各地域ごとにモンスターの個体数その他の情報を収集し、それを地域住民全員で共有するべきである。
  • モンスターペアレント出現時には、学校・行政・自衛隊が互いに連携して対応に当たる必要がある。行政関係者や自衛隊が早急に出現場所に駆けつけることが出来るように、法改正を行うべきである。また、自衛隊が対モンスターペアレント用の新型武器を開発・所持することが望ましい。
  • モンスターペアレントによる被害者を政府が救済するための法律を早急に成立させるべきである。

関連項目