ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2008年7月4日 (金) 23:31時点における越後屋 (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: ''''ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト'''('''Wolfgang Amadeus Mozart''', 1756年1月27日 - 1791年12月5日)は最も有名な[[...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトWolfgang Amadeus Mozart, 1756年1月27日 - 1791年12月5日)は最も有名な変態作曲家の一人である。生涯に作った曲の数は1000をゆうに超え、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンフランツ・シューベルトすぎやまこういちORANGE RANGEのNAOTOなどの偉大な作曲家たちに多大なる影響を与え続けている。

生涯

オーストリアザルツブルクで名家であるモーツァルト家の長男としてレオポルト・モーツァルトアンナ・マリア・モーツァルトの間に生まれる。父のレオポルトは息子を偉大な作曲家にしようとスパルタ教育を施す。中途半端に有名な人が自分が成し遂げられなかったことを子供に託すことはよくあることであり、非常に迷惑かつうまくいかないことも多い。しかしモーツァルトは天賦の才を開花させ、「神童」と呼ばれるまでに育つ。しかし父の過酷なレッスンはモーツァルトの幼い性格を崩壊させてしまい、表向きは天才音楽児、裏ではウンコマンとして成長する。彼がウンコマンとして育った背景にはアンナ・マリアがある。母はレッスンの合間の僅かな休息のひと時をを少しでも楽しいものにしようとを魔法の言葉「ウンコ」を教え、立派なウンコマンへの道へと導いくことへと成功する。

6歳には生意気にも演奏旅行をするまでになり、ウィーンを訪れた際にはシェーンブルン宮殿マリア・テレジアの前でも演奏した。流石に緊張したのかモーツァルトは観衆の前転んでしまい恥をかいてしまう。神童やら天才やらと子供のくせにチヤホヤされていたモーツァルトを快く思っていなかったその場に居合わせた作曲家達は大喜びであった。しかし「ちょっと男子!やめなさいよ!」と手を差し伸べたのがマリー・アントワネットである。初めて女性の優しさに触れたモーツァルトは早くも性の目覚めを迎え「結婚しろ」と迫るが玉砕してしまう。

21歳になったモーツァルトはパリへと向かう。曲は作り続けていたものの多くの人から「まだやってたの?」と言われる始末でかつての神童はウィーンへと逃げ出す。ウィーンではソプラノ歌手コンスタンツェ・ヴェーバーと出会い結婚する。しかし彼女はとてつもない悪妻であり浪費家であった。このことよりヴェーバーはモーツァルトが求婚したマリー・アントワネットではなかったのかという説がある。

35歳になり見知らぬ男にレクイエムの作曲を頼まれる。妻のせいで借金地獄に陥っていたモーツァルトは断れるはずもなくいやいや取り組む。しかし体調を崩し倒れてしまい、早すぎる死を迎える。そのてめ作曲途中のレクイエムは自分へのものとなってしまった(笑)

死因には諸説あるが

  • 幼い頃転んだツケがきた。
  • 作曲を頼みに来た男が死神だった。
  • 妻がスカトロプレイをしてくれなかった。
  • ベートーヴェンがスカトロプレイをしてくれなかった。

などが挙げられる。

代表的作品

俺の尻をなめろ
モーツァルトはウンコ大好きであったが曲の内容は真面目だった。しかしそんなモーツァルトがハメを外した作品。「おれの尻 尻なめろ 尻なめろ」と低俗な歌詞は妻への訴えだと言われている。
トルコ行進曲
「サバダバダ サバダバダ」で有名な曲。ベートーヴェンも同名の曲をつくっており(しかも似ていない)非常に紛らわしい。未だにどのあたりが「トルコ」なのかは未だにわかっていない。
フィガロの結婚
彼が作曲したオペラ。マリー・アントワネットが原作が好きだったという情報があり、彼女への好感度上昇のため作ったのではないかと言われているが、それが思わぬヒットを記録。これにはこれにはモーツァルトも思わず苦笑い。

関連項目