井伊直政

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2007年1月19日 (金) 23:20時点における219.117.14.142 (トーク)による版 (新しいページ: ''''井伊 直政'''(いい なおまさ)とは戦国時代のサムライ。通称'''赤鬼'''。直政のフンドシは所謂鬼のパンツでありかぶると...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

井伊 直政(いい なおまさ)とは戦国時代のサムライ。通称赤鬼。直政のフンドシは所謂鬼のパンツでありかぶると攻撃力が2倍になったと言う。猛将のイメージが強い彼だが、徳川四天王の一人で、徳川家康直々に掘ってもらえたことかわも分かる通り絶世の美少年だったそうな。美少年でありながら猛将でありであると言うギャップがまた萌える。もし徳川四天王がエロゲーのヒロインだったら直政は一番人気になっていたであろう。

井伊の赤備えと呼ばれる鎧兜を赤で統一した部隊を率いているがこれはぶっちゃけ山県昌景が率いていた武田の赤備えのパクリである。しかし直政本人に対しパクリと言うとキレて暴れだすので注意。


人物

  • 赤鬼がいるんだから青鬼も欲しいと言って榊原康政に青鬼のコスプレをさせたことがあるお茶目な一面も持つ。
  • 気性の激しい性格でありカルシウム不足ではないかと言われていた。
  • しかし「井伊直政=いい人で正者」と言う名前からも分かる通り根はいい人だった…ようには思えないが少なくとも士道をわきまえた日本男児であった。