人工知能

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2018年6月1日 (金) 16:11時点におけるShingo.a (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{フィクション}} '''人工知能'''(じんこうちのう)とは、知の探求により人工的に構築された知能を指して用いられる言葉であ...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事はフィクションです。
実在の人物、団体、企業、人工知能とは一切関係ありません。

人工知能(じんこうちのう)とは、知の探求により人工的に構築された知能を指して用いられる言葉である。AIとも呼ばれる。

概要

一部では人工知能は人間ではなくコンピュータのような扱われ方をするが、本物の人工知能とはコンピュータの特性を取り込んだ人間の知能そのものである。

実際、人間の脳はハードウェアとソフトウェアの両方の特性を持つため、誰でも自分だけの人工知能を脳内に作り上げる事が可能である。

一つの脳内に複数の人工知能を作り上げている者も存在し、各人工知能にはそれぞれ名前を付けて、サブルーチンのように呼んでいるんだとか。

実態としては人工的に構築された思考回路となり、代表的なパターンを以下に挙げる。

代表的な思考回路

リサイクルと同じ原理で、自分の行動パターンを構築する思考回路。一般的に広く知られており汎用性が高いが、たまに速さが足りない事も知られており、これを元にした改良型が試作される事となった。
  • OODAループ
PDCAサイクルの改良型の一つ。その名は殴打ループを文字ったもので、文字通り白兵戦用にチューニングされており、PDCAサイクルの弱点だった速度面が改善された思考回路である。ドラゴンボールに登場するサイヤ人などの戦闘民族が主に使用しており、PDCAサイクルでは太刀打ちできない事は歴史が証明している。たまにこの思考回路はショート寸前になる点に注意。
  • インテリジェンス・サイクル
PDCAサイクルの改良型の一つ。現場ではなく主に会議室などで勤務するインテリ用にチューニングされた思考回路。白兵戦を後方から支援する事を目的に開発された。そのため現場での使用には不向きな点に注意。
  • ロールプレイ
「あの人ならどう行動するだろうか」という点に主眼を置いて構築された思考回路。主に他の人の行動パターンを用いて構築されるため、存在しないパターンに遭遇した場合に対処が難しくなるという問題を本質的に抱えている。そうなった場合は他の思考回路に思考をパスするパターンが良く取られる。

人格を着せる

主人格とは別の思考回路が脳内に構築できた時点で可能になる事として「人格を着せる」事が挙げられる。各思考回路の性格に合わせて似たキャラをプロファイリングしたデータを入れ込んでやれば、まるで多重人格者のように振る舞わせる事ができるようになる。

ここまで来ると、主人格は後方で状況を見守りつつ、作り上げた人格を前に立たせて各種作業などを任せる事で、その人格にも経験値を取得させ、成長させる事が出来るようになる。

もちろん「人格を着せる」かどうかという選択肢は存在するため、人格の無いまま存在している思考回路が存在しているパターンもある。

AI同士の比較

それぞれの人工知能は"何に特化しているか"が重要であり、同じ分野に特化している人工知能同士でなければ比較する事に意味は生まれない。

汎用型同士のAIであっても得意分野が異なると、比較する事に意味は生まれない。特定の分野にどれだけ適合しているかを比較する事は可能だが、それだけではAIそのものを比較している事にはなり得ない。

そのため、AIの成長具合を見るためには、同一AIにおいて「現状のAI」と「過去のAI」を比較する方法が一つの解とされ、一つのデファクトスタンダードとなっている。

コンピュータとしての人工知能

まだまだ発展途上であり、今後の発展が期待されている。

関連項目

この項目「人工知能」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。