「企業秘密」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(中規模な加筆)
(括弧を追加)
36行目: 36行目:
 
企業側「あ、これから先は、'''企業秘密'''です。お見せ出来ません。」
 
企業側「あ、これから先は、'''企業秘密'''です。お見せ出来ません。」
   
以下略
+
(以下略)
   
 
これを[[電波]]にのせれば純粋な視聴者は、
 
これを[[電波]]にのせれば純粋な視聴者は、

2013年5月24日 (金) 17:07時点における版

注意: このページは3079日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。


PushPlease2.png
プレビュー活用依頼
この記事はある編集者が保存ボタンを猛連打して編集しているせいでアンサイクロペディアのサーバがピンチです!
どうか記事を書き込む前にプレビュー機能を猛活用し、虚弱体質のサーバをいたわってください!

企業秘密(きぎょうひみつ)とは、大して工夫が凝らされていなくても、何かしらの作為的なことが行われていると消費者錯覚させることが出来る、不思議な言葉である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「企業秘密」の項目を執筆しています。

概要

企業秘密という言葉は、便利で、様々な使い道がある。何故便利か、というのは前述の通りだが、様々な使い道があるというのは、どういう事なのか。要するにこの言葉は、公にしたく無い事が製造工程にあるならば、電子機器文房具から、はたまたうどんにまでに使用できるのである。

使用例とその効果

ある番組の1シーン

キャスター「ここは、某県某市秘密工場です。どこにあるかって?企業秘密です。ええ。」

企業側「どうぞ、お入りください」

(と言い、ドアを開ける)

企業側「これが、今売れている美味しいポテトフライの製造工程です。」

キャスター「そうなんですか!!(大袈裟に)では、ラインを見せてください。」

企業側「はいどうぞ。」

(と、案内する)

キャスター「この機械でカットしているんですね!!(またしても大袈裟に)」

企業側「そうなんですよ、ええ」

(この後五分近く、大袈裟なやり取りが続く為、中略)

キャスター「もう大分、美味しそうなポテトフライですね。次の工程はなんですか?」

企業側「あ、これから先は、企業秘密です。お見せ出来ません。」

(以下略)

これを電波にのせれば純粋な視聴者は、

「あー、すげぇー」

「どんなすごいことがされてんのかなぁ」

と思ってしまうのだ。

教訓

マスコミの口車に乗らないようにしよう!!

横槍失礼ちょっと待ったー!

結局偉そうなことをいいつつも、筆者もよく騙されるのである。

関連項目

この項目「企業秘密」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)