「企業秘密」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(使用例とその効果の一部加筆、企業秘密の内容を見る方法の追加)
 
(6人の利用者による、間の26版が非表示)
1行目: 1行目:
  +
'''企業秘密'''(きぎょうひみつ)とは、[[企業]]にとって経済的価値のあるもののみに適用される情報である。
{{NRV|[[利用者:BCD|BCD]] ([[利用者・トーク:BCD|会話]]) 2013年5月23日 (木) 22:46 (JST)|fix=短い上に中身が少なすぎます}}
 
  +
{{ウィキペディアリダイレクト}}
  +
{{ウィキペディア|企業コンプライアンス}}
   
 
'''企業秘密'''(きぎょうひみつ)とは、大して工夫が凝らされていなくても、何かしらの作為的なことが行われていると[[消費者]]を[[錯覚]]させることが出来る、[[不思議]]な言葉である。
 
{{ウィキペディア}}
 
 
==概要==
 
==概要==
  +
企業にとって経済的価値というものは最重要事項であり、[[営業]]で得られる「[[利潤]]」こそが商売の根幹であると言っても過言では無い。企業というものは如何にして利益を生み損失を減らすかという部分が特に重要である。そのため利潤を生み出すために必要な情報、すなわち企業秘密は最重要秘密である。この最重要秘密を得るために全ての企業は切磋琢磨し、[[産業スパイ]]から[[ハニートラップ]]まであらゆる手段を尽くして奪い合う事も多い。
   
  +
重要な情報というものはいわゆる「[[wikipedia:プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント|PPM理論]]」における花形になり得るものであり、この有限ではあるが利益を生み出す情報は全ての企業の利潤の要となるものである。これは食品の原材料や薬の調合内容などはもちろんの事、金になる情報であればたとえ営業課長が[[かつら]]を使用しているというものであろうとも、利益を生む情報は企業秘密として取り扱われる事項である。
企業秘密という言葉は、[[便利]]で、様々な使い道がある。何故便利か、というのは前述の通りだが、様々な使い道があるというのは、どういう事なのか。要するにこの言葉は、公にしたく無い事が製造工程にあるならば、[[電子機器]]や[[文房具]]から、はたまた[[うどん]]にまでに使用できるのである。
 
   
  +
==該当する情報==
==使用例とその効果==
 
  +
企業秘密に該当する情報というものは非常に多く、'''上記に記載した通りに利益を生むと判断されるものであれば全てが企業秘密に該当するのである'''。これがどういう事を意味するのかというと、つまるところ企業秘密に該当する項目は世界に星の数ほど存在するという事である。現代社会において企業は「[[コンプライアンス]]」と呼ばれる言葉を連呼する事が多いのだが、これは法令順守、つまり「お前らこれは法律で決まってる事だからな?うちの企業秘密をバラしたりでもしたらどうなるか分かってるよね?」という事である。
   
  +
しかしながら社員も人間であり[[人の口に戸は立てられぬ]]という諺があるように、社外の漏洩する事も多々あり、これは主にヘッドハンティングされた社員や退社した社員に多い。辞めた、もしくはリストラされた会社の企業秘密などその社員には関係無いのである。そのため、一概に企業秘密といっても全てを秘密にすることなどできず、今現在もどこかで秘密が漏洩している。バレない嘘が無いように漏洩しない秘密も存在しないという事である。
ある番組の1シーン
 
   
  +
そのため、企業秘密を漏洩させないためにも徹底した社員教育が必要とされている。大企業になればなるほどその錬度を高く保つ必要性があり、未だに世間一般に[[コカコーラ]]の製造法が広まっていないのはコカコーラ社がコンプライアンス教育をしっかりと行っているということの証左と言えよう。コカコーラ社において当然ながら主力商品であるコカコーラの製造方法は当然ながら最重要であり、それを知る社員を企業で囲い込む、あるいは脅迫するという事は至極当然である。
キャスター「ここは、某県某市[[秘密]]の[[工場]]です。どこにあるかって?'''企業秘密'''です。ええ。」
 
   
  +
==該当しない情報==
企業側「どうぞ、お入りください」
 
  +
利益を生む情報が企業秘密である、ということはすなわち'''利益を生まない情報は全て企業秘密では無い'''。利益を生まないのならば守る意味も無いため、漏洩も何もあったものではないのである。例えば[[顧客]]の情報がまとめられたファイルがここにあるとする。その顧客の情報が利益を生んでいる間は当然ながら企業秘密であるが、もし仮にその顧客情報が利益を生まないものになった場合は既にそれは使い古しのゴミであり、企業秘密にはなり得ない。企業はこのゴミと化した無価値な情報をどうするかというと、情報最後の仕事、すなわち[[名簿屋]]や[[情報屋]]などへの売却である。ここで企業が名簿屋などに売却した情報などが別の企業で[[たらい回し]]にされるが如く流通するわけだが、この情報の成れの果てこそが何故だか教えてもいない相手から掛かってくる迷惑電話に他ならない、ちなみにこの迷惑電話をかけている本人は営業だと言い張っている場合が多い。
   
  +
このように利益を生まないと判断された情報は最後の役目を終える、もしくは[[誰も気にしない|誰にも気にされず]]に消えてゆくのである。なお上記で挙げた「コンプライアンス」だが、世に言う[[ブラック企業]]は社員に教育していない場合がほとんどである。当然ながら力で抑えればどうにかなると考えているし、そもそも存在自体が半違法の企業の分際で法律を教育するなぞおこがましい話ではあるのだが。それにブラック企業というものに企業秘密と呼べるようなものが存在することは稀であり(そう呼ぶにはあまりにも企業秘密に対して失礼である)、その情報は平等に無価値である。
(と言い、ドアを開ける)
 
   
  +
ブラック企業で有名な企業と言えば[[ワタミ]]が挙げられるが、営業秘密に該当なりうる「調理過程」など大した価値は無いし、「原価・製造過程」などにおいても大した価値は無い。元々半奴隷を作ることによって成り立っている値段の安さを原価を見たところで普通の企業に真似する事はできないのだから。あえて企業秘密と呼べるものがあるとすれば社員の洗脳教育マニュアルであろう。
企業側「これが、今売れている美味しい[[アンサイクロペディア|ポテト]]フライの[[製造工程]]です。」
 
   
  +
==身近な企業秘密==
キャスター「そうなんですか!!(大袈裟に)では、ラインを見せてください。」
 
  +
秘密という言葉がついているために中々目に掛かる事が無さそうな企業秘密であるが、秘密と呼ばれる割にはわりとそこいらに転がっているものである。就労してる社会人ならば社内で見かける事も多いだろうが、幼子であろうとも企業秘密に触れる機会は多い。それは君が公園で遊んでいる時に見つかるかもしれないし、いたずらに入ったパパの書斎で見つかるかもしれない。そう、主に'''書類'''という形で。
 
企業側「はいどうぞ。」
 
 
(と、案内する)
 
 
キャスター「この[[機械]]でカットしているんですね!!(またしても大袈裟に)」
 
 
企業側「そうなんですよ、ええ」
 
 
(この後五分近く、大袈裟なやり取りが続く為、中略)
 
 
キャスター「もう大分、美味しそうなポテトフライですね。次の工程はなんですか?」
 
 
企業側「あ、これから先は、'''企業秘密'''です。お見せ出来ません。」
 
 
キャスター「そこを何とかしていただけませんかねぇ。」
 
 
企業側「申し訳ありません。」
 
 
(ここで企業側をイジるテロップとナレーションが入り、スタジオ内は笑いに包まれる。)
 
 
キャスター「あのお方が見たいと言っているのですよ。」
 
 
企業側「申し訳ありません。これだけは本当に見せられないんです。だって{{お察しください}}」
 
 
{{以下略}}
 
 
これを[[電波]]にのせれば純粋な視聴者は、
 
 
「あー、すげぇー」
 
 
「どんなすごいことがされてんのかなぁ」
 
 
と思ってしまうのだ。
 
 
また、やたら「企業秘密」という言葉を使うと工業スパイに狙われる可能性が出てくる、といった効果も期待できる。(つまり、この番組は工業スパイの味方といえる。)
 
 
 
==教訓==
 
 
'''[[マスコミ]]の口車に乗らないようにしよう!!'''
 
 
:{{横槍}}'''ちょっと待ったー!'''
 
 
結局'''偉そうなこと'''をいいつつも、筆者もよく騙されるのである。
 
 
 
 
==企業秘密の内容を見る方法==
 
 
本当にやって失敗してしまったとき、責任を負わないことにする。以下は方法である。
 
 
 
その1
 
 
 
オーソドックスな方法として作業員に変装する、というものがある。(ベタ~っとしていますが気にせずに。)しかし同じ作業服や名札など何もかも同じにしないとダメなので
 
 
大変。さらに「こんなヤツいたっけ、あれ~?」と怪しまれる可能性が高いためおすすめしない。また、失敗しやすいため事前にそのときのためにいろいろ考えておくようにし
 
 
よう。
 
 
 
その2
 
 
 
工場内にいる人々を全員人質にし、「企業秘密をみせろ!さもないと{{お察しください}}」と言う。そして、工場側から鍵をもらいその部屋に入って見る。まあ利点としては
 
 
じっく~り見られること。(邪魔がいないからね。)欠点としては、なかなか手間がかかる、人質を取った割にはしょぼい内容、何しろ[[ご用]]になる、といったまあ、欠点
 
 
の多い方法というわけだ。
 
 
 
その3
 
 
 
夜、こっそり工場に侵入する方法がある。ただ、[[防犯システム]]が完備されている場合や24時間稼働など人を寄せ付けない造りになっている場合使えない。たいていの場
 
 
合はそうだろう。
 
 
 
その4
 
 
 
工場を爆破して工場で勤務している人たちが避難している間に見る、と言う方法。これも[[ご用]]になるだろうね。うん。
 
 
 
その5
 
 
 
自分でどうやったらこのようになるのか自分で確かめてみる。(研究する)しかし、これは負けを認めているようなものなのでシャイな人たちや真面目な方にぴったりの方法
 
 
である。ただこれも欠点があり、研究費用は各自で負担、なにより道具が無いのでイチから買わないといけない、先が見えない、ものによっては化学知識が必要、下手する
 
 
と一生研究する羽目になるなど多い。
 
 
これをやった人はチャレンジャーである。(がんばれ)まあ、普通の人はやらないよね。
 
 
 
その6
 
 
 
[[紙]]と[[ボールペン]]を用意して、友人に「あの工場の企業秘密の内容をを考えて書いてみて。」と言って用意した物を差し出す。そして自分は後ろを
 
 
向いて、書き終わるまで待つ。書き終わったら書いた紙を見る。確かに企業秘密の内容を見たことになる。
 
   
  +
実際に営業に出た営業マンが持っている商品の原価表なんて立派な企業秘密であるし、設計図のひとつでも持っていればもはや金の成る木といって差し支えない。実際にこういう品は窃盗に遭う事もあるのだ、現に取引先で書類の入ったカバンを窓際に置いてトイレに行った隙に窓を割って第三者に盗まれた、などというケースが存在するほどである。本当に第三者が存在したかなど誰にも分からないが。
   
  +
あまり無いだろうがこの記事を読んでいるそこの君がもしパパの書斎でこういったものを見つけたとしても決していたずらしてはいけない。'''企業にとってパパが無価値になっちゃうからね'''。
   
 
==関連項目==
 
==関連項目==
 
 
*[[秘密]]
 
*[[秘密]]
*[[マスコミ]]
+
*[[社会の闇]]
*[[プライバシー]]
 
 
{{スタブ汎用
 
|1=この項目「'''{{{タイトル|{{PAGENAME}}}}}'''」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだ'''[[Uncyclopedia:スタブ|クソの山]]'''です。
 
|2=より愉快
 
|3=にしてくださる協力者を求めています。<small>さぁ、これを見ている[[あなた]]も、恥ずかしがらずに書き込んでみよう!</small>
 
|項目のソートキー={{{1|}}}
 
|スタブのカテゴリ={{{cat|}}}
 
|テンプレートのソートキー=*
 
}}<noinclude>
 
   
{{DEFAULTSORT:きぎょうひみつ}}
+
{{DEFAULTSORT:ききようひみつ}}
[[Category:自己言及的なページ]]
 
 
[[Category:情報]]
 
[[Category:情報]]
  +
[[Category:企業]]

2017年8月24日 (木) 23:21時点における最新版

企業秘密(きぎょうひみつ)とは、企業にとって経済的価値のあるもののみに適用される情報である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「企業秘密」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「企業コンプライアンス」の項目を執筆しています。

概要[編集]

企業にとって経済的価値というものは最重要事項であり、営業で得られる「利潤」こそが商売の根幹であると言っても過言では無い。企業というものは如何にして利益を生み損失を減らすかという部分が特に重要である。そのため利潤を生み出すために必要な情報、すなわち企業秘密は最重要秘密である。この最重要秘密を得るために全ての企業は切磋琢磨し、産業スパイからハニートラップまであらゆる手段を尽くして奪い合う事も多い。

重要な情報というものはいわゆる「PPM理論」における花形になり得るものであり、この有限ではあるが利益を生み出す情報は全ての企業の利潤の要となるものである。これは食品の原材料や薬の調合内容などはもちろんの事、金になる情報であればたとえ営業課長がかつらを使用しているというものであろうとも、利益を生む情報は企業秘密として取り扱われる事項である。

該当する情報[編集]

企業秘密に該当する情報というものは非常に多く、上記に記載した通りに利益を生むと判断されるものであれば全てが企業秘密に該当するのである。これがどういう事を意味するのかというと、つまるところ企業秘密に該当する項目は世界に星の数ほど存在するという事である。現代社会において企業は「コンプライアンス」と呼ばれる言葉を連呼する事が多いのだが、これは法令順守、つまり「お前らこれは法律で決まってる事だからな?うちの企業秘密をバラしたりでもしたらどうなるか分かってるよね?」という事である。

しかしながら社員も人間であり人の口に戸は立てられぬという諺があるように、社外の漏洩する事も多々あり、これは主にヘッドハンティングされた社員や退社した社員に多い。辞めた、もしくはリストラされた会社の企業秘密などその社員には関係無いのである。そのため、一概に企業秘密といっても全てを秘密にすることなどできず、今現在もどこかで秘密が漏洩している。バレない嘘が無いように漏洩しない秘密も存在しないという事である。

そのため、企業秘密を漏洩させないためにも徹底した社員教育が必要とされている。大企業になればなるほどその錬度を高く保つ必要性があり、未だに世間一般にコカコーラの製造法が広まっていないのはコカコーラ社がコンプライアンス教育をしっかりと行っているということの証左と言えよう。コカコーラ社において当然ながら主力商品であるコカコーラの製造方法は当然ながら最重要であり、それを知る社員を企業で囲い込む、あるいは脅迫するという事は至極当然である。

該当しない情報[編集]

利益を生む情報が企業秘密である、ということはすなわち利益を生まない情報は全て企業秘密では無い。利益を生まないのならば守る意味も無いため、漏洩も何もあったものではないのである。例えば顧客の情報がまとめられたファイルがここにあるとする。その顧客の情報が利益を生んでいる間は当然ながら企業秘密であるが、もし仮にその顧客情報が利益を生まないものになった場合は既にそれは使い古しのゴミであり、企業秘密にはなり得ない。企業はこのゴミと化した無価値な情報をどうするかというと、情報最後の仕事、すなわち名簿屋情報屋などへの売却である。ここで企業が名簿屋などに売却した情報などが別の企業でたらい回しにされるが如く流通するわけだが、この情報の成れの果てこそが何故だか教えてもいない相手から掛かってくる迷惑電話に他ならない、ちなみにこの迷惑電話をかけている本人は営業だと言い張っている場合が多い。

このように利益を生まないと判断された情報は最後の役目を終える、もしくは誰にも気にされずに消えてゆくのである。なお上記で挙げた「コンプライアンス」だが、世に言うブラック企業は社員に教育していない場合がほとんどである。当然ながら力で抑えればどうにかなると考えているし、そもそも存在自体が半違法の企業の分際で法律を教育するなぞおこがましい話ではあるのだが。それにブラック企業というものに企業秘密と呼べるようなものが存在することは稀であり(そう呼ぶにはあまりにも企業秘密に対して失礼である)、その情報は平等に無価値である。

ブラック企業で有名な企業と言えばワタミが挙げられるが、営業秘密に該当なりうる「調理過程」など大した価値は無いし、「原価・製造過程」などにおいても大した価値は無い。元々半奴隷を作ることによって成り立っている値段の安さを原価を見たところで普通の企業に真似する事はできないのだから。あえて企業秘密と呼べるものがあるとすれば社員の洗脳教育マニュアルであろう。

身近な企業秘密[編集]

秘密という言葉がついているために中々目に掛かる事が無さそうな企業秘密であるが、秘密と呼ばれる割にはわりとそこいらに転がっているものである。就労してる社会人ならば社内で見かける事も多いだろうが、幼子であろうとも企業秘密に触れる機会は多い。それは君が公園で遊んでいる時に見つかるかもしれないし、いたずらに入ったパパの書斎で見つかるかもしれない。そう、主に書類という形で。

実際に営業に出た営業マンが持っている商品の原価表なんて立派な企業秘密であるし、設計図のひとつでも持っていればもはや金の成る木といって差し支えない。実際にこういう品は窃盗に遭う事もあるのだ、現に取引先で書類の入ったカバンを窓際に置いてトイレに行った隙に窓を割って第三者に盗まれた、などというケースが存在するほどである。本当に第三者が存在したかなど誰にも分からないが。

あまり無いだろうがこの記事を読んでいるそこの君がもしパパの書斎でこういったものを見つけたとしても決していたずらしてはいけない。企業にとってパパが無価値になっちゃうからね

関連項目[編集]