内藤大助

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2007年10月13日 (土) 12:33時点における125.215.126.200 (トーク)による版 (新しいページ: ''''内藤 大助'''(ないとう だいすけ、1974年8月30日- )は、日本のプロボクサー。WBC世界フライ級王者・元日本&OPBF東洋太平洋フラ...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年8月30日- )は、日本のプロボクサー。WBC世界フライ級王者・元日本&OPBF東洋太平洋フライ級王者。宮田ジム所属。

2007年10月11日亀田大毅との世界戦に勝ち、亀田一家を滅ぼした。その功績を称え、国民栄誉賞の授与も検討されている。

亀田大毅との世界戦では亀田大毅からの数えられぬ酷い反則に悩まされたが、力の差を見せつけ圧勝。これにより亀田大毅は事前の公約通り、切腹した。出血多量により亀田大毅は死去。

亀田一族との闘いにあくまでフェアに望んだ試合は感動を呼んだ。亀田一族はこの一戦の後、衰退して、後には一族揃って自宅警備員になる。その切っ掛けを作ったのが10月11日の世界戦である。

度重なる暴言、悪質な嫌がらせなどに堪え、あくまでボクサーとしての態度を貫いた姿勢は日本中に感動を届けた。試合終了後、涙を流す人が絶えず、ハンカチ、ティッシュがコンビニから消えたという。