利用者:Rikuto/sandbox

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2021年4月28日 (水) 07:19時点におけるRikuto (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動 検索に移動

「グテーレシウスこそ真の天才」

〜グテーレシウスについて、アリストテレス


グテーレシウス(古希:Γκουτερρέσιος[1]、羅:Guteresius)、前590年-523年は、古代ギリシャの哲学者数学者である。

後にギリシャで活躍する哲学者アリストテレスやプラトン、ソクラテスに多大な影響を与えたとされる古代哲学の祖とも言うべき存在。

また学校の外の道路学を確立させ、今なお同学者からは神格化され、彼の子孫はそのカネで楽に暮らしている。

グテーレシウスの三大予想については後述する。

概要 

グテーレシウスは古代ギリシャで活躍した哲学者、数学者でその時代学問を重んじていなかった庶民の考えを一変させ、世界への学問の浸透を間接的に成し遂げた。

グテーレシウス教過激派からすると、彼は現人神としてこの世に現れ、万物の法則を見抜いたとされているが、これは全くのウソ、思い上がりである。

しかしながら彼が素晴らしい学者であったことに変わりはなく、グテーレシウス教の衆はさっさとハラキリでもすべきである。

経歴 

グテーレシウスの三大予想

脚注 

  1. ^ 古代ギリシア語ラテン翻字: Guteresius