「原罪」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(「キリスト教において」がかかるのは、「人類の祖とされる」のはず。記事が短いから気を使う。)
(cat)
 
11行目: 11行目:
   
 
{{DEFAULTSORT:けんさい}}
 
{{DEFAULTSORT:けんさい}}
[[Category:宗教]]
+
[[Category:宗教用語]]
 
[[Category:キリスト教]]
 
[[Category:キリスト教]]
 
[[Category:犯罪]]
 
[[Category:犯罪]]

2016年10月11日 (火) 00:50時点における最新版

原罪(げんざい、ラテン語: Peccatum originale)とは、キリスト教などにおいて人類の祖とされる、アダムが犯した罪のことを差す。一般には、神の御前のもとで人が生れ出づること自体が原罪と解釈されている。

日本の法令上の規定[編集]

刑法174条では、人が生まれたままの姿であることを公然わいせつと定義している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原罪」の項目を執筆しています。