「大相撲」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(編集合戦はやめた方がいい! 勝負審判も大事なんだ!)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
70行目: 70行目:
 
*東南角部屋(風呂トイレ別)
 
*東南角部屋(風呂トイレ別)
 
*東海大相撲
 
*東海大相撲
 
===歴代検査役===
 
マァボケてここは審判を書こう なお、現役名である。1940年代以降である。
 
栃木山ユキオ
 
土州山新米(初代)
 
吉野岩さん
 
能代潟蛇雄
 
鏡岩善
 
清水川元木(元大関)
 
高登大
 
大戸平清盛(元関脇)
 
幡瀬川ハタ坊
 
出羽ノ花理事(元前頭)
 
大八洲国(前頭3枚目以下の審判)
 
旭川市
 
土州山土付き(2代目、前頭3枚目以下の審判)
 
大潮ケン太(2代目、元関脇)
 
2代目若港遊び(前頭3枚目以下の審判)
 
天城山超える(前頭3枚目以下の審判)
 
太郎山太郎(前頭3枚目以下の審判)
 
玉ノ海マロ
 
綾昇進
 
笠置山シヅ子
 
双葉山ザ35
 
巴潟干潟
 
海光山露雄
 
安藝ノ海70号
 
鶴ヶ嶺初代(元前頭)
 
鯱ノ里の鯨(前頭3枚目以下の審判)
 
二瀬川二雄(元関脇)
 
両國カジ(壇ノ浦)
 
前田山エイコ
 
初代増位山歌五郎
 
柏戸は秀剛
 
十勝岩国
 
汐ノ海街
 
羽黒山心(元横綱)
 
照國マンゾー
 
錦華ノ山
 
不動岩馬場
 
名寄岩の頭
 
大ノくん海(前頭3枚目以下の審判)
 
神!東山(前頭3枚目以下の審判)
 
小松さんの山(前頭3枚目以下の審判)
 
鉄腕琴錦(元小結)
 
鏡里学ぶ
 
吉葉山蔵前(審判長)
 
朝若太郎(前頭3枚目以下の審判)
 
備州山八郎
 
宮錦おっさん
 
高津山という山
 
栃錦マムシ(審判長)
 
大内山のっぽさん
 
八方山とび
 
若葉山隆景(元小結)
 
國登乱太郎
 
若瀬川英太郎(元小結)
 
羽嶋山ハジー
 
潮錦潮五郎
 
朝潮くん(横綱 審判長)
 
三根山タカシ
 
二瀬山頭
 
琴ヶ濱掛ける
 
初代若乃花鬼(副審判長)
 
2代目出羽湊くん
 
出羽錦のっぽ
 
時津山伝蔵
 
玉乃海街
 
松登シゲ
 
北葉山田
 
 
=== 歴代審判 ===
 
 
まあまあボケてここは審判を書こう なお、現役名である
 
 
安念山の日記
 
北の洋洋男
 
鶴ヶ嶺アキオ(元関脇)
 
栃光正し
 
嶋錦嶋太郎
 
栃ノ海テルヨシ(副審判長)
 
若ノ海マッキー(元小結)
 
大豪小豪
 
羽黒雌花
 
開隆起山
 
大きな晃
 
明武谷川
 
富士山錦
 
佐田の大山(審判長)
 
浅瀬川卓
 
廣川流れ
 
緑國太朗(前頭3枚目以下の審判)
 
双ツ竜二
 
青ノ里山
 
房錦くん
 
和晃くん
 
柏戸谷(審判長)
 
大鵬鳳(副審判長)
 
小城乃花太郎(元関脇)
 
清國カツオくん
 
2代目清水川アキ大
 
北の富士カッツアキ(審判長)
 
琴櫻友蔵(審判長)
 
福の花船長
 
若浪雄(元小結)
 
羽黒岩田
 
魁傑ゾロリ(審判長)
 
初代栃東トモ
 
大受け身(副審判長)
 
前の山タロ
 
長谷川平蔵
 
二子岳のっぽ
 
北瀬海ハゲ雄
 
三重ノ海ヒロシ(副審判長)
 
輪島ヒロシ
 
貴ノ花プリンセス(審判長)
 
2代目増位山歌麿(副審判長)
 
2代目若乃花勝
 
黒姫山太郎
 
藤ノ川タケオ(伊勢ノ海親方)
 
北の洞爺湖(副審判長)
 
鷲羽国山
 
青葉山田(元小結)
 
富士櫻ももこ(副審判長)
 
旭國マスオさん
 
2代目豊山田
 
高見盛山(初の外国人力士)
 
大きな雄
 
魁輝くん(審判長)
 
双津竜時津
 
琴の歌の風
 
隆の里年
 
千代の富士ミッキー(審判長)
 
大乃国ヤスシ
 
金剛力士
 
蔵玉の国の錦
 
大錦イッテツ(副審判長)
 
朝潮橋(元大関、副審判長)
 
北勝の海
 
舛田くん山
 
出羽の花川(元関脇)
 
北天佑子
 
黒瀬川英子(元小結)
 
大麒麟児(審判長)
 
大潮満月(元小結)
 
佐田の湖
 
玉ノ洋富士
 
若嶋津義久(審判長)
 
両国国技(元小結)
 
朝嵐櫻井(前頭3枚目以下の審判)
 
麒麟児が来ない
 
栃司忍
 
白田家の山(前頭3枚目以下の審判)
 
多賀竜太郎(審判長)
 
旭田富士(審判長)
 
大徹小徹
 
富士乃真二
 
益荒雄ウルフ(審判長)
 
高望山くん
 
逆鉾龍馬(副審判長)
 
栃乃和歌山
 
貴乃花親父(審判長)
 
春日富士子不二雄
 
久島海ケータ
 
琴稲妻光
 
小城ノ花田(元前頭)
 
水戸小泉(副審判長)
 
鬼武双山(副審判長)
 
大翔くん山
 
霧島くん
 
太寿山ムーミン
 
旭豊田
 
安芸乃島耕作(副審判長)
 
寺尾聰
 
智ノ花先生
 
朝乃若光
 
和歌乃山若
 
琴ノ若太郎
 
湊富士子
 
三杉淳磯
 
出る出る出島
 
蒼樹山田
 
千代大海リュージ
 
竹葉太郎山(前頭3枚目以下の審判)
 
玉春日くん
 
潮火ノ丸(前頭3枚目以下の審判)
 
闘牙もみあげ
 
北桜英(前頭3枚目以下の審判)
 
敷島パン
 
土佐ノ山
 
魁皇司
 
貴ノ浪雄
 
光の国の法(前頭3枚目以下の審判)
 
栃ピカ乃チュウ洋
 
玉乃玉島
 
隆の鶴山(前頭3枚目以下の審判)
 
時津海子(前頭3枚目以下の審判)
 
濱ちゃん錦(前頭3枚目以下の審判)
 
旭乃里(前頭3枚目以下の審判)
 
栃東西(大関)
 
高見盛ってる
 
隆三杉淳
 
琴錦洋(関脇)
 
若里
 
旭天天鵬
 
北勝力士
 
雅龍山
 
土佐豊山
 
朝の赤龍太郎
 
   
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==

2021年8月8日 (日) 15:02時点における版

出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は大相撲だから。君は間違っていないよ。
パーフェクトクリアの場合はボーナスステージが待っている

大相模(だいさがみ)とは、ムチムチと肉付きのいい男達が裸同然の姿で抱き合って息を荒げ相手を押し倒したり一線を超えたりする格闘技である。日本の国技ということになっているが、競技人口は野球サッカーよりも大きく下回る[1]。格闘技としても、K-1総合格闘技に比べると人気の面で勝っているようには到底思えないが、高齢者層にたいしては現在でもそれなりの人気を保っているようだ。まぁ未練がましく「相撲が国技と決めた法律でもあるのか」とか言ってくる他スポーツファンには、「ある、相撲協会寄付行為規程第3条だ」と言ってやればよろしい。

なんのかんの言って今の大相撲が「国技でござい」とでかい顔できているのは、ひとつに天皇賜杯の存在も大きく、戦後多くのメジャースポーツに天皇杯大会が出来て、それほどの優位点でもなくなったのだけど、諸事情から逆立ちしたって絶対出来ないプロ野球ファンにはまだまだ有効。そもそも野球には、プロアマ境界がなくバトルロイヤル出来るサッカーのような全国選手権大会がない。

菊の御紋の優勝杯が国技大相撲の大きな精神的支柱であるのは昔も今も変わりはなく、理事役員としての有能無能にかかわらず現役時代に優勝経験のないものは賜杯の管理係にはなれない不文律もあるとか。

大相撲の選手のことを力士という。スモウ・レスラーと呼ぶ場合もあるがその場合は「欧米か!」と突っ込まれるのを覚悟しておくこと。結構痛いらしい。

アケボノスモウ界最強クラスのレスラーだったということは忘れないでいただきたい。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大相模」の項目を執筆しています。

概要

その歴史は古く神話の時代にまでさかのぼるというが、見たと言う人は誰も生存していないので証拠に欠ける。おそらく本当のところはそこまで古いものではないのであろう。まあ実際のところは江戸時代あたりが起源なんじゃないだろうか。興行にヤクザが絡むとか、裸で抱き合うのは風紀上いかがなものかとか、いろいろあって禁止されたりした時代もあったけれどとにかくなんとか現在に至る。

NHKが独占しているテレビ中継はBSの番組編成において、告知なしの打ち切りや時間変更等様々な弊害をもたらしたとされている。代表的なものに1992年の「怪奇大作戦」深夜枠移動、「仮面ライダー」放送打ち切り、カードキャプターさくら最終回繰り下げによる録画失敗(武蔵丸の悲劇)がある。 武蔵丸の悲劇の際はアニメファンからの抗議が殺到し、衛星アニメ劇場におけるコーナーの編成やインタビュー告知方法の改善などの対応策がとられることとなった。

ちなみに、モンゴルにはモンゴル相撲があり、韓国には韓国相撲がある。それぞれ正式名称は「ブフ」「シルム」というのだが、「相撲の起源は日本」と堅く信じる人たちによって、日本の相撲の模倣もしくは亜流扱いされている。もちろん韓国では大相撲を「日本シルム」と呼ぶ。モンゴルでどうなのかはお察し下さい

特徴

タニマチとよばれるお金持ちのパトロンがいる。タニマチの機嫌を損ねると、縁談をブチ壊されたり引退後の就職がままならなかったりと弊害が大きいので、力士にとっては稽古以上にタニマチに気に入られることが重要である。それゆえ力士には男芸者などという蔑称があり、美しい国の国技を標榜するわりにはあまり美しくない実態があるようだ。

宗教弾圧問題

日本相撲協会は国技館を全面禁煙にして拝火教信者への弾圧を開始したが、館内への掲示「ノースモウキング」を勘違いした現役スモウキングが発狂し、現在は意識不明の重体となっている。

その後も、うっかり首がこったため大事なところで首をたてに振ってしまった解説者が、相撲協会批判として永久追放になるなど、言論と思想の自由に配慮した活動が行われている。なお、日本価値創造学会の会員は最初から相撲部屋に入らないため宗教弾圧の対象とはならないが、大阪場所では謗法与同罪を恐れぬ多くの相撲ファンの学会員が、神道式におごそかに行われる競技を観覧する光景がみられる。さらに最近では力士にも学会員が増えており、代表的なところでは某ソルトシェイカーその後継者は学会員なのではないかと言われている。

アスランでの出張稽古問題

近年、新弟子に対して航空相撲の訓練を課すようになり、ビール瓶やアイスピックまで使用した厳しい飛行訓練が行われている。外泊証明にサインしており本人の同意があるうえ、安全性には十分考慮しており問題ないとのことだが、現在までに数件の墜落事故が起きており死者も出ていることが明るみに出た。最近起きた墜落事故では、新弟子が爆発炎上したことから火葬の手間が省けるとして灰になるまで放置しようとしたが、家族の抗議により消火作業が行われた。2007年10月現在、航空・鉄道事故調査委員会により墜落事故の原因調査が行われている。この事故については、脱走者を撃墜する黒人力士三名に撃墜されたとのマスコミ報道があり物議をかもした。現場検証において通常の訓練では物理法則上考えられないような損傷がみられたことに対して、部屋からの正式なコメントは得られていない。10月1日の某テレビ局による取材では、愛用の金属バットやビール、花束などが部屋の前に手向けられていた。

主な力士

引退した有名力士

主な部屋と歴代審判 

  • ドSだけ部屋(元関脇琴ノ若)
  • 貴乃花部屋(元横綱貴乃花
  • ちゃんこダイニング若(元横綱若乃花)
  • チームヨコヅナ(元横綱曙)
  • モンゴル部屋(元大関朝潮)
  • 愛人に八百長ゲロリ部屋(元十両ナントカ
  • 子供部屋(元幕内食べ盛)
  • 必殺フルボッコ部屋(元小結双津竜
  • 徹子の部屋
  • 東南角部屋(風呂トイレ別)
  • 東海大相撲

脚注

  1. ^ 確かにプロ野球より人気が上回っているが、実際のところサッカーに比べて特別に人気があるというわけではない

関連項目


ExSport.png この項目「大相撲」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)