天才は忘れた頃にやってくる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2020年9月30日 (水) 10:57時点における台風15号 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{ウィキペディア無し}}{{ウィキペディア|天災は忘れた頃にやってくる}}'''天才は忘れた頃にやってくる'''(てんさいはわすれ…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「天才は忘れた頃にやってくる」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「天災は忘れた頃にやってくる」の項目を執筆しています。

天才は忘れた頃にやってくる(てんさいはわすれたころにやってくる)は、日本物理学者である寺田寅彦の言葉であり、ことわざの1つ。「自分よりも天才な人は、いつ現れるかわからないから、決して油断をせずに、日々努力しなければならない。」という意味である。また、「天才な人は、いつ事件を起こすか予測できず、人々が天才な人による事件の恐ろしさを忘れた頃に限って、そのような事件は発生する。」という意味もある。

概要

学校において、学年やクラスには多様な生徒が存在するが、テストが行われる度に、各生徒の知能の差などが露呈することが多い。頭の良い人はいつもテストで高得点であり、成績も良好であるため、理想的であるが、そのような人(天才)の多くはプライドが高く、「自分が1位でなければいけない」という感覚が強い傾向にある。そのため、たまに2位あるいは3位などになってしまっただけでも、愕然とすることがある。とはいえ、やはり天才にとっては、自分が1位になることほど嬉しいことはなかなか無いものである。ある時、とある学校の天才Aは、いつも自分がテストで1位なので自信に満ち溢れていたが、ある日、別の学校から天才Bが転入生としてやってくると、天才Bは天才Aよりも良い成績を取ってしまい、天才Aは絶望してしまった。またある時、天才Aは、同じクラスにいた生徒Cにも順位を抜かされてしまった。生徒Cは、普段は全然勉強していない生徒であったのだが、ある時のテストで全力を発揮し、天才Aよりも勉強したために、天才Aに勝る結果に至った。こうした実例から、寺田寅彦は「自分が天才だと思っていても、自分よりも天才な人は、いつ現れるかわからないから、決して油断をせずに、日々努力しなければならない。」という戒めとして、「天才は忘れた頃にやってくる」ということわざを提唱した。

さらに、天才は、余りの能力の高さに、時折珍奇な行動を引き起こし、大問題となっている。例えば、アルキメデスは入浴中の思いつきに感銘を覚えてストリーキングを敢行し、公序良俗を乱したりしているし、人が空を飛ぶ事はに対する反逆であるとしてタブー視されていた時代に、レオナルド・ダ・ヴィンチは空を飛ぶ方法を模索して周囲の肝を冷やした。フィンセント・ファン・ゴッホに至っては他所んちの畑で自分を肥しにしようとして自殺、平和な農村に陰惨な事件を引き起こした。更に、ジャン=ジャック・ルソーマゾヒストであり、露出狂であり、度々知的障害者の女性を妊娠させては捨てるという卑劣漢であった。このような、天才による奇妙な事件が相次いだため、寺田寅彦は、「天才は忘れた頃にやってくる」から注意しなさいと、警鐘を鳴らした。

関連項目