宇喜多秀家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇喜多秀家」の項目を執筆しています。

宇喜多 秀家(うきた ひでいえ、1572年~1655年12月17日)は、戦国時代武将大名豊国大明神国泰祐松院殿霊山俊龍大居士木下猿の寵愛を受けて育ったボンボンのお坊ちゃまである。お坊ちゃまだが精悍で屈強なガチムチの好青年で、武人肌の家臣が大量に出奔し人材不足に陥りながらも関ヶ原で一番奮戦した人。備前宰相、備前中納言、海猿とも呼ばれる。

人物・来歴

宇喜多秀家。

元亀3年(1572年)、備前国主の宇喜多直家の次男として生まれる。親父は血縁者を騙して殺したりするなど筋金入りのワルだったが、秀家がまだ幼少の頃死んだので秀家はその悪影響を受けずに済んだ。その後、秀吉の薫陶を受け、彼の走狗の一人として育つ。育ちがよかったので顔つきも端麗で、肖像画に見える秀家は実際は小太りの冴えない醜男だった浅井長政などとは比べ物にならないほどのイケメンである。イケメンだったせいもあってか秀吉からは優遇され、若造の分際で徳川家康前田利家と一緒に五大老に名を連ね、一部の大名からは嫉妬の混じった反感を買ったが、その他大多数の人間からはイケメンだったので許された。また、キリスト教にも興味を抱き、本人は帰依しなかったが熱心なキリスト教徒であった家老にやたら肩入れした結果、仏教徒であった武人肌の家臣達を激昂させ、彼らを家康に引き抜かれてしまうというマヌケな所行もやらかしている。しかし、幅を利かせていた武人肌の連中が去った事で新たな人材の発掘に着手せざる終えなくなったお陰で、明石掃部守などの優秀な人物にめぐり合え、その後の関ヶ原では奮戦した。戦後、大阪湾から泳いで島津家の領土である鹿児島まで行き庇護され、徳川と島津の間で処遇についてなんやかんや交渉があったのちに八丈島に流された。

八丈島配流後、八丈島の美女を押し倒して子作りに精励したり、おにぎりを作って食べながら生活していたが、大坂の役にて大恩ある豊臣家が滅亡の危機に瀕していることを知り、八丈島から大坂まで泳いでわたり、大阪城に入城した。

入城後、敵方の徳川秀忠にただただおびえるばかりの淀君をはじめとする城方首脳部を前にして言い放った「宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より泳いで参った!!!」という台詞は、その年の流行語大賞を受賞しそうになった。 秀家の入城により、それまで大坂城内での主導権を握っていた淀君派を一掃し、真田幸村(フィクション)、後藤又兵衛基次長宗我部盛親毛利勝永明石全登浪人武将を奮起させ、徳川軍と激戦を繰り広げた。幸村達は見事に玉砕して果てたが、どういうわけか秀家は生き残り、また泳いで八丈島に帰っている。その後は悠々自適の余生を過ごし、大坂の役から40年後に寿命で死んだ。80歳を越えていたらしいが、息子の話によると、晩年までイケメンだったらしい。

宇喜多秀家が日本史に残した業績について

  • 大坂の役終了後、八丈島から大坂まで泳いでわたった秀家の漢っぷりに感化された日本国民の間で水泳が大ブームとなり、ついには国民の大多数が稲作をやめ倭寇になった。一方で秀家の真似をしようとして泳いで八丈島まで渡り途中で海の藻屑と化した阿呆気の毒な死者も続出、江戸時代前期における水難事故の死者数は10万人を越え、人口密度の減少にまで影響を及ぼした。
  • 今日の歴史学では、秀家の八丈島脱出をもって、戦国時代の終わり、もしくは大航海時代の始まりとされている。
  • 八丈島で余生を過ごす中、昔を振り返って備忘録や日記、関ヶ原の合戦の趨勢を描出した軍記物語などを執筆、歴史学者達に良質な史料を提供した。ただし、秀家の視点でかかれたため、当然のことながら自らの属した西軍を礼賛し、自らの武功を誇張し、都合の悪いところは歪曲、隠匿している。
  • 秀家の遺伝子を受けついだ彼の子孫は秀家同様にイケメンが多かったと言う。今日、八丈島の人々は眉目秀麗な美人が多いともっぱらの評判[要出典]だが、それはひとえに秀家の恩恵によるものである。だから八丈島に住んでる人はもっと秀家を敬い崇めなければならない。