射精

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2006年12月9日 (土) 23:32時点におけるSkynet2014 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

射精(しゃせい)とは生命体が持つ精力を発射させる行為を略して射精という。生命体にとって精力を発射させる行為は、その生命力を削る行為に等しく、そうそう行うべきものではない。しかし、生物学的にとなる生物は同じ生命体精力を吸う事で自己生命力を強化する。

射精後

その精力まんこの中で射精した場合はとてつもない満足感に浸れる。しかしそれは同時に三次元空間上に有機物として展開している人生墓場に踏み入れる非常に危険な満足感である。尚、彼女を使用し射精した場合はまんこの中であれ外であれ,そこそこの満足感に浸れる、しかし、彼女まんこの中で射精する場合は人生墓場に入る覚悟が必要である。又、一人でちんぽをこする事によって出来る射精は、ちんぽをこすっている間、脳内自己に非常に都合の良い彼女想像する事により射精する事は可能であるが、射精した後に何とも言えない虚無感に襲われる為、注意が必要である。

精力摂取生命体

その精力を射精する側には、にわかに信じがたいかもしれないが、まんこ以外からも精力吸収する生命体が存在する。普段、食する場所と同じ口から精力を吸収する生命体がいるが、これは射精する側から見て、大まかに「愛おしい」と思う場合と「気色悪い」と思う場合とほぼ2手に別れる。尚、これを「愛おしい」と思う生命体人生墓場片足を入れている可能性が非常に高いので注意が必要である。