「小早川隆景」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(語録の内無意味なたわごとを添削)
45行目: 45行目:
 
*[[小早川秀秋]](養子)
 
*[[小早川秀秋]](養子)
 
*[[黒田官兵衛]](マブダチ)
 
*[[黒田官兵衛]](マブダチ)
  +
*[[安国寺恵瓊]](懐刀。本人曰く「曲者で、俺にしか扱いこなせない。輝元は絶対に振り回されるから俺が死んだらこいつも殺しとけ、とのこと。そして実際そうなった。)
   
{{DEFAULTSORT:こやかわ たかか}}
+
{{DEFAULTSORT:こやかわ たかか}}
 
[[Category:毛利氏]]
 
[[Category:毛利氏]]
 
[[Category:戦国武将]]
 
[[Category:戦国武将]]
 
[[Category:武士]]
 
[[Category:武士]]
 
[[Category:サムライ]]
 
[[Category:サムライ]]
  +
[[Category:五大老]]
 
[[Category:1533年生]]
 
[[Category:1533年生]]
 
[[Category:1597年没]]
 
[[Category:1597年没]]

2009年8月24日 (月) 15:46時点における版

テンプレート:語録 (山内一豊) テンプレート:語録 (足利義輝)

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小早川隆景」の項目を執筆しています。

小早川 隆景(こばやかわ たかかげ、天文2年(1533年)-慶長2年6月12日1597年7月26日))は戦国時代を代表するサムライであり、サディストでもある。毛利元就の三男であり、親の性格をもっとも受け継いだ子でもある。毛利両川のメンバーでもある。プロ野球の有名な人材派遣会社に子孫が居たが、これだけ優秀な成績を残したにもかかわらず未だに監督になれないのは、ご先祖様というよりチーム状況がいけないようだ。

生涯

幼少期

『兵など所詮捨て駒よ!』が口癖の父を持つ隆景は、幼い頃からサディストとしての片鱗を見せ始め、8歳の頃には吉田郡山城の柱と言う柱に笑いながら傷をつけるという奇行を行っていたという。そのこともあってか10歳の頃に小早川家に養子に出されてしまった。

(後に元就に「隆景を小早川家に出したのはこのことがあったからか?」という質問をしたが、元就は「隆元~~~~~~!!!わしの隆元ぉぉぉぉぉ~~~~!!! 」と絶叫しかしなかったという記述が吉田郡山城の地下10mに埋まっているらしい。)

青年期

その後なんだかんだあって無事駒の一つとして小早川家を相続した隆景は、父親直伝のスパルタ訓練で小早川水軍を立派な水軍に育て上げ、毛利家の命運を掛けた厳島の戦いで勝利に貢献した。

ちなみに、隆景が行ったスパルタ訓練の代表例をここに挙げる。

  • 朝のランニングは2時間以内に42.195kmを走らせる。(できなかったら訓練時の弓の的にされる)
  • ヘマをしたら鞭打ち100回、遠泳10kmの後、ろうそくの液をうたせ湯のように浴びされる。
  • ただし、ヘマをしたのが隆景好みの男なら検閲により削除したり、検閲により削除される。
  • 戦の時に期日以内(たいてい1日~3日ぐらい)に指令を達成できない場合は、熱々に熱された鉄板の上に1時間土下座しないと許さない。(つまり手討ち
  • ちなみに、彼がくれる褒美は大抵SMグッズである。

他にも色々あるが、話すと3日はかかるんでこのぐらいにしておこう。

輝元の教育係になる

その後、隆景の兄である隆元を亡くした元就は「隆元おおおおおおおおおお!わしの隆元おおおおおおお!」と発狂しながら長寿を全うし、隆景は後継者の輝元の教育係となった。しかし、ここで隆景の悪い性癖がでてしまい、躾と称して大規模な24時間耐久検閲により削除をしてしまう。この事件?の後輝元はあああああああああ!としか喋れなくなった。毛利家衰退の一因は彼にあるといえよう。

壮年・晩年期

1582年、本能寺にて織田信長が討たれ、明智光秀から追撃要請の書状を受け取った隆景は兄・吉川元春を始めほぼ全員が追撃賛成をしている状況で、一人だけ追撃反対をする持ち前のKYぶりを見せてしまう。しかし、例の輝元の事件を知っていることもあり、結局は隆景の案が受けいられる形となった。「隆景に立ち向かってはいけない」その後、このこともあり豊臣秀吉により家臣の身として唯一五大老に任命された。

その帰りに偶然彼好みの男を見つけお持ち帰りした。居城で検閲により削除をし、そのまま養子にした。しかし、その養子こそがボンクラで有名で毛利家への養子になる案もあった小早川秀秋であり、結果的に毛利家を救う事となった。

慶長2年(1597年)6月12日に死去。享年65。死因は検閲により削除といわれる。

人物・逸話

  • 少年時代に兄の元春と5on5で雪合戦をした際、3人を捨て駒にし敵を油断させたところで残りの二人が側面から攻め勝利を収めるという父の性格を忠実に受け継いでいる逸話がある。
  • 黒田官兵衛とはSM友達で、知り合った後は毎日のようにバキューン!!をしたという。この事もあってか豊臣秀吉から「この世に変人と呼べるのは黒田如水か小早川の隆景よ」と評した。
  • このように変人だったが、彼が毛利家の重鎮だった事は事実であり、彼の死後毛利元就毛利敬親憑依するまで毛利家は衰退の一途を辿っていった。

関連項目