「戦国武将」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
 
{{ウィキペディア}}
 
{{ウィキペディア}}
   
'''戦国武将'''(せんごく たけまさ)は[[江戸時代]]の[[武士]]。戦国時代マニアとして有名であり、戦国時代に関する随筆をいくつも書いた事で著名である。
+
'''戦国武将'''(せんごく たけまさ)は、16世紀の日本の[[武士]]。戦国時代マニアとして有名であり、戦国時代に関する随筆をいくつも書いた事で著名である。
   
 
==経歴==
 
==経歴==
武将は江戸幕府に仕える中流旗本の戦国家の長男として生まれた。[[父]]の[[戦国時代]](せんごくときより)は江戸幕府成立前は[[徳川家康]]に従い各地を転戦する武士であったと言われる。時代は[[息子]]の誕生を喜び、立派な武士になり一軍を率いられるようにこの名前を付けたと言われる。
+
武将は、16世紀の日本で、中流旗本の戦国家の長男として生まれた。[[父]]の[[戦国時代]](せんごくときより)は、[[江戸幕府|徳川王朝]]成立前は[[徳川家康]]に従い各地を転戦する武士であったと言われる。時代は[[息子]]の誕生を喜び、立派な武士になり一軍を率いられるようにこの名前を付けたと言われる。
   
父時代は武将に一流の武士になれるよう英才教育をした。だが、武将は江戸時代に生まれた武将だけあって体を動かす事や戦の事はからきしであり、父を大変嘆かせたと言われる。しかし座学では聡明な武将の能力が発揮され布が水を吸い込むように知識を吸収していき、またわからない事は実際に戦国の世を生き抜いた老武士達に聞いて回るほどの熱心さだったと言う。その知識量は実際に[[安土桃山時代]]を生きた武士をして「尋常にあらず」と呼ばれるほどのものであったという。
+
父時代は武将に一流の武士になれるよう英才教育をした。だが、武将は徳川時代に生まれた武将だけあって体を動かす事や戦の事はからきしであり、父を大変嘆かせたと言われる。しかし座学では聡明な武将の能力が発揮され布が水を吸い込むように知識を吸収していき、またわからない事は実際に戦国の世を生き抜いた老武士達に聞いて回るほどの熱心さだったと言う。その知識量は実際に[[安土桃山時代]]を生きた武士をして「尋常にあらず」と呼ばれるほどのものであったという。
   
家督をついでからも仕事や武芸はさっぱりだが、妙に戦国の世を面白おかしく語れるため同僚や上司から引っ張りだこであったといわれ、特別に将軍に呼びたてられ戦国講義をした事もあったという。また婦女に対する教育も熱心であり、近所の奥方や子女を集めては戦国の世について講義し、「[[腐女子|腐った女子]]を増やしておりけしからん」と叱責された事もあるといわれる。息子に[[戦国無双]](せんごくなしふた)、[[戦国BASARA|戦国馬更]](せんごくばさら)、娘に[[戦国ランス|戦国嵐子]](せんごくらんす)、[[戦極姫戦乱の世に焔立つ|戦国姫]](せんごくひめ)などがいる。
+
家督をついでからも仕事や武芸はさっぱりだが、妙に戦国の世を面白おかしく語れるため同僚や上司から引っ張りだこであったといわれ、特別に将軍に呼びたてられ戦国講義をした事もあったという。また婦女に対する教育も熱心であり、近所の奥方や子女を集めては戦国の世について講義し、「[[腐女子|腐った女子]]を増やしておりけしからん」と叱責された事もあるといわれる。息子に[[戦国無双]](せんごくなしふた)、[[戦国BASARA|戦国馬更]](せんごくばさら)、娘に[[戦国ランス|戦国嵐子]](せんごくらんす)、[[戦極姫 -戦乱の世に焔立つ-|戦国姫]](せんごくひめ)などがいる。
   
 
==逸話==
 
==逸話==
18行目: 18行目:
 
==戦国氏系譜==
 
==戦国氏系譜==
 
*[[戦国無双]](せんごくなしふた)―長子
 
*[[戦国無双]](せんごくなしふた)―長子
*[[戦国BASARA|戦国馬更]](せんごくばさら)―次子
+
*[[戦国BASARA|戦国巴砂拉]](せんごくばさら)―次子
 
*[[戦国ランス|戦国嵐子]](せんごくらんす)―長女
 
*[[戦国ランス|戦国嵐子]](せんごくらんす)―長女
*[[戦極姫戦乱の世に焔立つ|戦国姫]](せんごくひめ)―次女
+
*[[戦極姫 -戦乱の世に焔立つ-|戦国姫]](せんごくひめ)―次女
 
*[[戦国乱世]](せんごくらんよ)―武将の弟。兄を支えて活躍した。
 
*[[戦国乱世]](せんごくらんよ)―武将の弟。兄を支えて活躍した。
 
*[[群雄割拠]](むれおわりより)―戦国氏一族。集結(つどむす)の代より群雄(むれお)郡に居を置き、群雄氏を名乗った。
 
*[[群雄割拠]](むれおわりより)―戦国氏一族。集結(つどむす)の代より群雄(むれお)郡に居を置き、群雄氏を名乗った。
 
*[[天下統一]](あめのしたむねかず)―武将の弟。父の命により天下氏の養子となる。
 
*[[天下統一]](あめのしたむねかず)―武将の弟。父の命により天下氏の養子となる。
 
*[[天下布武]](あめのしたぬのたけ)―先代天下氏当主。統一を養子に迎える。
 
*[[天下布武]](あめのしたぬのたけ)―先代天下氏当主。統一を養子に迎える。
  +
*[[安土桃山時代|安土桃山]](やすつちとうざん)―戦国氏家臣。出家して桃山と号す。戦国氏を常に支え続けた名将。
   
 
==関連事項==
 
==関連事項==
34行目: 35行目:
 
*[[足軽女]]
 
*[[足軽女]]
   
{{DEFAULTSORT:戦国武将}}
+
{{DEFAULTSORT:せんこくふしよう}}
[[Category:戦国武将|*]]
+
[[Category:戦国武将| ]]
 
[[Category:武士]]
 
[[Category:武士]]
 
[[Category:サムライ]]
 
[[Category:サムライ]]

2010年10月31日 (日) 06:55時点における最新版

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「戦国武将」の項目を執筆しています。

戦国武将(せんごく たけまさ)は、16世紀の日本の武士。戦国時代マニアとして有名であり、戦国時代に関する随筆をいくつも書いた事で著名である。

経歴[編集]

武将は、16世紀の日本で、中流旗本の戦国家の長男として生まれた。戦国時代(せんごくときより)は、徳川王朝成立前は徳川家康に従い各地を転戦する武士であったと言われる。時代は息子の誕生を喜び、立派な武士になり一軍を率いられるようにこの名前を付けたと言われる。

父時代は武将に一流の武士になれるよう英才教育をした。だが、武将は徳川時代に生まれた武将だけあって体を動かす事や戦の事はからきしであり、父を大変嘆かせたと言われる。しかし座学では聡明な武将の能力が発揮され布が水を吸い込むように知識を吸収していき、またわからない事は実際に戦国の世を生き抜いた老武士達に聞いて回るほどの熱心さだったと言う。その知識量は実際に安土桃山時代を生きた武士をして「尋常にあらず」と呼ばれるほどのものであったという。

家督をついでからも仕事や武芸はさっぱりだが、妙に戦国の世を面白おかしく語れるため同僚や上司から引っ張りだこであったといわれ、特別に将軍に呼びたてられ戦国講義をした事もあったという。また婦女に対する教育も熱心であり、近所の奥方や子女を集めては戦国の世について講義し、「腐った女子を増やしておりけしからん」と叱責された事もあるといわれる。息子に戦国無双(せんごくなしふた)、戦国馬更(せんごくばさら)、娘に戦国嵐子(せんごくらんす)、戦国姫(せんごくひめ)などがいる。

逸話[編集]

  • 暇なときは父親の具足を持ち出し、こっそり着ていた。
  • 兵糧の管理には妙に余念が無かったといわれる。
  • 江戸鉄砲を持ち込めない事を嘆いていた。
  • 伊達家・上杉家・毛利家などのメジャーな大名家の大名行列は必ず見物に出かけたと言われる。

戦国氏系譜[編集]

  • 戦国無双(せんごくなしふた)―長子
  • 戦国巴砂拉(せんごくばさら)―次子
  • 戦国嵐子(せんごくらんす)―長女
  • 戦国姫(せんごくひめ)―次女
  • 戦国乱世(せんごくらんよ)―武将の弟。兄を支えて活躍した。
  • 群雄割拠(むれおわりより)―戦国氏一族。集結(つどむす)の代より群雄(むれお)郡に居を置き、群雄氏を名乗った。
  • 天下統一(あめのしたむねかず)―武将の弟。父の命により天下氏の養子となる。
  • 天下布武(あめのしたぬのたけ)―先代天下氏当主。統一を養子に迎える。
  • 安土桃山(やすつちとうざん)―戦国氏家臣。出家して桃山と号す。戦国氏を常に支え続けた名将。

関連事項[編集]