東京砂漠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2007年11月9日 (金) 19:58時点におけるAsakaze (トーク | 投稿記録)による版 (→‎概要)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京砂漠」の項目を執筆しています。

東京砂漠(とうきょうさばく)とは、関東地方の中核都市である東京を取り囲むように存在する砂漠のことである。世界的な面積で見ればサハラ砂漠のように広いものではないが、砂漠地帯であるにもかかわらず多くの人間が住んでいる地帯として、世界的に注目を浴びている。

概要

東京という都市は、関東平野という砂漠の真ん中で1868年に開発が開発されたものである。一説では、それ以前に江戸という都市が東京の近くにあったらしいといわれているが、侵略者の攻撃で滅亡してしまったといわれており、真偽は定かではない。

同地は海に面した港町であり、その開発に当たって土地の多くは海を埋め立てるなどの手法を用いた。しかしそのせいでどこの井戸水も塩水ばかりが出てくる有様であり、やむを得ず遠くの地から水を引いてきて上水道を整備することにした。これは荒野に対する灌漑事業と全く変わりないものであり、東京が砂漠地帯に築かれた都市であることを強く示している。

また砂漠地帯であるため、東京にはコンクリートの塊やアスファルトの塊は多く存在するものの、明治神宮など一部を除いて緑地体がほとんど存在しない。よってそれらの緑地帯は、東京砂漠におけるオアシスとされている。

更にかつて、東京には渋谷川のように多くの河川が存在したといわれているが、今では姿を消してしまっているか、汚水の水溜りと化しているものが多い。砂漠化が今なお進行していることを示しているといえよう。