榊原康政

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2008年2月14日 (木) 22:26時点における極楽丸 (トーク | 投稿記録)による版 (新しいページ: ''''榊原 康政'''(さかきばら やすまさ 天文17年(1548年)- 慶長11年5月14日(1606年6月19日) )は、戦国時代の武将。[[徳川家康]...')
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

榊原 康政(さかきばら やすまさ 天文17年(1548年)- 慶長11年5月14日(1606年6月19日) )は、戦国時代の武将。徳川家康を支えた徳川四天王の一人に数えられる。他の四天王である酒井忠次本多忠勝井伊直政と比べると地味な印象が強く、隊旗には「無」の一字を配したことなどから無口で寡黙な人柄であると先入観を抱かれ、小説や時代劇などでも寡黙な人物として描かれる事が多いが、実際は徳川四天王の中で最も血の気の多い男であった。また挑発のスキルは人並み外れており、小牧・長久手の合戦では豊臣秀吉を怒らせ、晩年の臨床においては主の家康さえも挑発する生意気なシニカリストであった。

榊原康政の挑発伝説

その他逸話