「欅坂46」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(リンクを「櫻坂」に変更、その他修正)
 
2行目: 2行目:
 
{{ニコニコ大百科|櫻坂46}}
 
{{ニコニコ大百科|櫻坂46}}
 
{{ピクシブ百科事典}}
 
{{ピクシブ百科事典}}
'''欅坂46'''(けやきざかフォーティーシックス)とは大人たちに支配されまくったあげく改名を迫られた女性[[アイドル]]グループである。現在のグループ名は'''[[櫻坂46]]'''。一説によるとアイドルグループとはいうものの実際の人数は一人だけで[[MV]]に映っているのは一人以外はすべてバックダンサーの噂もある。ここではかつて存在した'''けやき坂46'''についても述べる。
+
'''欅坂46'''(けやきざかフォーティーシックス)とは大人たちに支配されまくったあげく改名を迫られた女性[[アイドル]]グループである。現在のグループ名は'''櫻坂46'''。一説によるとアイドルグループとはいうものの実際の人数は一人だけで[[MV]]に映っているのは一人以外はすべてバックダンサーの噂もある。ここではかつて存在した'''けやき坂46'''についても述べる。
   
 
==概要==
 
==概要==

2021年10月25日 (月) 15:31時点における最新版

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「櫻坂46」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「櫻坂46」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「欅坂46」の記事を執筆しています。

欅坂46(けやきざかフォーティーシックス)とは大人たちに支配されまくったあげく改名を迫られた女性アイドルグループである。現在のグループ名は「櫻坂46」。一説によるとアイドルグループとはいうものの実際の人数は一人だけでMVに映っているのは一人以外はすべてバックダンサーの噂もある。ここではかつて存在したけやき坂46についても述べる。

概要[編集]

乃木坂46に続く第2弾の坂道シリーズとして2015年8月に結成された。ちなみに、当初は「鳥居坂46」と名乗る予定だったが、ダサすぎて論外と思ったせいかこの名は没になった。ちなみに基本的な商法は秋元康プロデュースのアイドルグループに例外なくAKB48と同じであるが多少異なる点もある。2016年5月には2軍のけやき坂46というグループを結成し、年末には紅白歌合戦への出場を果たした。2020年7月にこのグループの運営側が改名を宣告し、10月以降は櫻坂46という名義で活動を開始した。

特徴[編集]

このアイドルグループが他の秋元康プロデュースのアイドルグループともっとも大きく異なるところは楽曲のメッセージ性の強さである。シングル表題曲の歌詞は例外なく大いなる力や同調圧力などへの反抗を訴えかけるものとなっている。また、このアイドルグループは全員選抜制というものを採用していた。これはAKB48では楽曲に参加できる人数が限られていたが、欅坂46では全シングル曲において全員が参加している。え?メンバーは一人じゃないのかって?まあ、そこには触れないでくれよ…。他にもライブパフォーマンスには力を入れていたとされる。あと、乃木坂46と同様、MVで水着にならない。

けやき坂46[編集]

これは欅坂46の2軍として結成されたアイドルグループである。2軍とあるとおり、完全な下部組織であり、独自の楽曲を持たず、欅坂46の楽曲をカバーして歌うだけのグループである。どういうわけか2軍のメンバーになった彼女たちは欅坂46との固定された格差を味わいながら活動していた。いや、実際のところ稼働日は月に片手で数えられる程度の開店休業状態に近いアイドルグループでメンバーはニート同然…といいたいところだが実際にはみんな学生だったのでゆるゆるのサークルに近かった。そして、開店休業状態にもかかわらず、2017年5月にメンバーを増員するという暴挙に出る。(よりによってそれに応募する人がいたらしい)そして、メンバーを増員した後も開店休業状態が続く。そして、2軍であり続けること3年近く、ようやく単独でシングル曲を発売させてもらえるとなったとき、彼女たちは突如日向坂46への改名を告げられた…。

欅坂46の繁栄[編集]

特徴の欄にも書いたメッセージ性の強い歌詞は大成功を収める。デビューシングルの「ノイジーマイノリティー」が大ヒットし、YouTubeにアップしたMVは1億4000万回以上も再生された。ちなみに同じ坂道グループの乃木坂46で最もMVの再生回数が多い「インフルエンザ」でも6200万回程度なのでその差は歴然である。そして、圧倒的なライブパフォーマンスもファンの心を掴み、一部の人から熱狂的な支持を得る。ちなみにライプではメンバーが会場に火を放ち(勿論安全には配慮しています)そこにメンバーが消防車のホースでDHMOを会場に向けて大量放出してを消したり、至近距離で花火爆発させるという圧巻の芸当を見せていた。また、ファンが全員サイリウムを緑色にして会場が全て緑に染まる姿も圧倒的であった。ライブでは独自の世界観に引き込まれることから「欅共和国」と独立国家のように揶揄されていた。そして、6枚目シングルの「赤点を割れ!」と7枚目シングルの「餡ビバレント」ではミリオンヒットを達成して乃木坂46を超えて天下を取るまであと一歩まで迫った…。

欅坂46の衰退と滅亡[編集]

ここまでとんとん拍子でことが進んでいった欅坂46だったが、ついに歯車が狂いだす。2018年年末、唯一のメンバーが突如体調不良で活動を休止し、バックダンサーだけのグループになる。メンバーはしばらくして復帰するが、その後も体調が優れないせいかグループとしての活動が停滞し始める。バックダンサーだけでなんとかしようとも考えたようだが、メンバーへの依存度が極端に高く、バックダンサーだけで活動しても無理と判断し、体調のすぐれないメンバーを酷使しようとするが、ついにそのメンバーが限界に達し、グループからの脱退を宣言し、グループの中核を失う。また、そのころからメンバーやOGの醜聞が続くようになり、欅坂46の名声は完全に地に堕ちてしまった。自力での再生が不可能と判断した運営側はついに改名をして再出発することを選択する。