田宮平兵衛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2011年11月18日 (金) 07:55時点におけるHresvelgr (トーク | 投稿記録)による版 (あります)
ナビゲーションに移動 検索に移動

田宮平兵衛(たみやへいべえ)とは、戦国時代に活躍したさおだけ屋、兼、暗殺者である。諱は重正。剣豪林崎甚助の付き人であり、彼から剣術を伝授された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田宮重正」の項目を執筆しています。

略歴

出身は関東であるということ以外判然としない。若い頃は各地でさおだけを売りさばき、関東一円にやり手のさおだけ屋としてその名を轟かせた。特に小田原北条一族はお得意様であり、平兵衛にとっては大事な金ヅルお客様であった。しかし、その北条一族も1590年に豊臣秀吉の侵略によって滅亡する。平兵衛の商売も失調し、新たな商売先を求めて播磨の池田輝政、そして紀州の徳川頼宣の元へと移り、やがて頼宣との間にパイプを築くことに成功し、田宮家は紀州藩代々御用達のさおだけ屋として権勢を振るうことになったのである。

暗殺者としての側面

平兵衛には剣客、暗殺者としての別の顔があった。彼は剣豪林崎甚助に師事して剣術に熟達した剣豪であり、その剣術を生かして暗殺なども請け負っており、関東にいた頃は風魔小太郎と共に北条家の裏仕事を担当していた。紀州に移ってからは藩主の剣術指導を行う傍ら、藩命を帯びて幕府に牙を向く連中を始末していた。竹ざおに見せかけた柄の長い仕込み杖式の太刀が得物で、さおだけ屋を装い標的に近づき油断させて始末するというのが常套手段であった。

現在でもさおだけ屋はヒットマンややくざと兼業しているという風聞がささやかれており、それが事実であることを裏付ける事件のようなものも度々起こっているが、その嚆矢は田宮平兵衛にあるという。