神田

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2007年8月1日 (水) 01:06時点における61.121.86.41 (トーク)による版
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神田」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神田駅」の項目を執筆しています。

神田(かんだ)とは、東京千代田区の地名。奈良時代に渡来した天竺人の集団が武蔵国に入植した地域で、初期は彼らの故郷を思わせる「健駄羅(Gandhara, ガンダーラ)」と名前がつけられたらしい。やがてインド式の呼び名は平坦なものになり、平安時代までには「健駄羅」の「羅」の字が略されて「ガンダ」と読まれるようになり、更に「カンダ」と読んで「神田」の字が当てられるようになったと「延喜式」に記録されている。

ここで扱う「神田」は1947年に東京23区の再編が行われた時に消滅した旧神田区の領域を指すと考えてよい。ちなみに現千代田区は旧神田区と麹町区が合併して誕生した区である。現在、神田がつく町名は30近くに上るが、それをいちいち述べると項目執筆者の命に関わるので、神田駅周辺の神田鍛冶町、それとレトロな町並みが残る神田須田町などを中心に述べて生きたいと思う。

危機に瀕する江戸っ子

「神田」と言えば「江戸っ子」である。「江戸っ子だってね」「神田の生まれよ」「喰いねぇ、喰いねぇ、寿司喰いねぇ」という台詞でお馴染みなのがいわゆる江戸っ子である。しかし現在、純粋種の「江戸っ子」は危機に瀕している。「べらんめえ」とか「てやんでえ」、「べらぼーめ」や「あたぼーよ」、主語は「こちとら」で「」と「」の発音がはっきりしないから「お日さま」を「おシさま」と言うような江戸っ子は鐘や太鼓叩いてもそう易々とは探せないはずである。何ら対策をしない限り21世紀の半ばまでには完全消滅が危惧されているのが実情である。

はっきり言うと血統書つきの犬よりも血統の維持が難しいのが江戸っ子である。将軍様のお膝元で産湯につかり、さかのぼって祖父祖母、父母、それと自分を含めた三代まで「純粋」な江戸っ子でなければ条件は満たさないのである。仮令じいさん一人が埼玉県川口市の出身であろうと、仮令ばあさん一人が千葉県市川市の出身であろうと、もはやその時点で江戸っ子とは見做されないのである。言うなれば雑種であって、その時点でアウトである。更に厳しい条件だと、その出自が山手線内でないとダメとか、大江戸線内でないと却下とか、難しい条件がつくらしい。

神田駅周辺のジオラマ

神田は一般的には新橋と同じくオヤジのパラダイスと思われている。事実、ゴミゴミとした界隈は営業のリーマンが忙しそうに小走りで駆けていき、安いランチを提供する店や金券ショップが立ち並び、泣く子も黙るサラ金の看板が色とりどりに街を彩っている。そのまま見れば、誰がなんと言おうとオヤジだらけの街なのだが、早計してはならない。新橋のオヤジたちとはだいぶ顔つきが違うことが分かるであろう。

須田町の街並

注意: このページは5283日間編集されていません。もしかしたら放置されているかもしれません。

関連項目