金沢区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2013年2月17日 (日) 11:21時点におけるNewjuki (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「'''金沢区'''(かなざわく)とは、金沢市の出張所として設立されて、現在は横須賀市の一部となりかけている横浜市の...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

金沢区(かなざわく)とは、金沢市の出張所として設立されて、現在は横須賀市の一部となりかけている横浜市の区。かねさわぐ(金騒ぐ)ではない。

歴史

いい作ろうとした鎌倉不動産がこのあたりの土地を買収し、を使う暴れん坊将軍達をこの場所に隔離したことから、この場所に人が集まり始めたと言われる。朝比奈切通しなどの道路を整備して鎌倉市との道を切断することで、単独都市として栄えていった。

海に近いこともあってか、港が繁盛した。まだこの頃は横浜港は小さな漁港でどこの不動産にも買われていないので、なおさらである。またの悪い武士のために金沢文庫が開館した。(現在は残っていない。)

しかし、鎌倉不動産は100年強で倒産してしまったため、ここら辺の開発は行われなくなってしまった。

江戸時代に入ると、群馬不動産に買われることになる。金沢八景が浮世絵などのグッズとしてもてはやされたのも群馬不動産の宣伝のおかげだとされている。終わりごろには、マシュー・ペリーも海水浴をする一大別荘地として活躍したため、横浜不動産に編入されてしまった。しかも、その中に金沢区の文字はなく磯子区の名前が書かれていた。

その後は住宅が余るぐらい提供されて、八景島シーパラダイスも存在する観光スポットとして、横須賀不動産に「仲間に入らないか?」という話を何度も持ちかけられている。(現在は完全に破談している模様。)