「鳥居景近」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(cat)
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
 
{{ウィキペディア}}
 
{{ウィキペディア}}
 
{{ウィキペディア|センゴク}}
 
{{ウィキペディア|センゴク}}
{{語録 (朝倉義景)|'''お蝶たん'''は主の僕が貰うのが当然だからそうしたのに、それを逆恨みするなんてひどすぎるよ。|鳥居}}
+
{{Q|'''お蝶たん'''は主の僕が貰うのが当然だからそうしたのに、それを逆恨みするなんてひどすぎるよ。|[[朝倉義]]}}
{{語録 (織田信長)|仕える主を間違えたばかりにこうなるとは…… 不憫よのう。|鳥居景近}}
 
{{語録 (足利義昭)|余のところに来ればよかったのじゃ、正味な話が!|鳥居景近}}
 
 
'''鳥居 景近'''(とりい かげちか、天文19年([[1550年]])~天正元年([[1573年]]))は[[朝倉義景]]に仕えた武将である。
 
'''鳥居 景近'''(とりい かげちか、天文19年([[1550年]])~天正元年([[1573年]]))は[[朝倉義景]]に仕えた武将である。
   
9行目: 7行目:
 
鳥居影近は[[朝倉義景|義景]]の側近として寵愛され、彼の独特な趣味である[[サブカルチャー]](主に[[エロゲ]])を楽しむかたわら、[[織田信長]]との戦いには朝倉軍の参謀役としてたびたび出陣した。
 
鳥居影近は[[朝倉義景|義景]]の側近として寵愛され、彼の独特な趣味である[[サブカルチャー]](主に[[エロゲ]])を楽しむかたわら、[[織田信長]]との戦いには朝倉軍の参謀役としてたびたび出陣した。
   
だが、主君である[[朝倉義景|義景]]の生母、[[高徳院]]に仕えた侍女'''お蝶'''に一目ぼれしてしまい、[[高徳院]]の目を盗んでは[[セックス|あんなことやこんなこと]]をするようになり、ついには子供をもうけるまでに至ったのだ。それを知った[[朝倉義景|義景]]は激怒し、主君の権限にて'''お蝶'''を[[高徳院]]から引き離してしまい、自分の侍女兼[[オナペット]]にしてしまった。
+
だが、主君である[[朝倉義景|義景]]の生母、[[高徳院]]に仕えた[[侍女]]'''お蝶'''に一目ぼれしてしまい、[[高徳院]]の目を盗んでは[[セックス|あんなことやこんなこと]]をするようになり、ついには子供をもうけるまでに至ったのだ。それを知った[[朝倉義景|義景]]は激怒し、主君の権限にて'''お蝶'''を[[高徳院]]から引き離してしまい、自分の侍女兼[[オナペット]]にしてしまった。
   
 
== 謀反 ==
 
== 謀反 ==
30行目: 28行目:
 
[[Category:戦国武将]]
 
[[Category:戦国武将]]
 
[[Category:カワイソスな人]]
 
[[Category:カワイソスな人]]
  +
[[Category:越前国の人物]]
 
[[Category:1550年生]]
 
[[Category:1550年生]]
 
[[Category:1573年没]]
 
[[Category:1573年没]]

2014年12月28日 (日) 21:13時点における最新版

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鳥居景近」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「センゴク」の項目を執筆しています。
お蝶たんは主の僕が貰うのが当然だからそうしたのに、それを逆恨みするなんてひどすぎるよ。」
鳥居景近 について、朝倉義景

鳥居 景近(とりい かげちか、天文19年(1550年)~天正元年(1573年))は朝倉義景に仕えた武将である。

人物像[編集]

鳥居影近は義景の側近として寵愛され、彼の独特な趣味であるサブカルチャー(主にエロゲ)を楽しむかたわら、織田信長との戦いには朝倉軍の参謀役としてたびたび出陣した。

だが、主君である義景の生母、高徳院に仕えた侍女お蝶に一目ぼれしてしまい、高徳院の目を盗んではあんなことやこんなことをするようになり、ついには子供をもうけるまでに至ったのだ。それを知った義景は激怒し、主君の権限にてお蝶高徳院から引き離してしまい、自分の侍女兼オナペットにしてしまった。

謀反[編集]

当然のことながら景近は主君のひどすぎる仕打ちを不服に思い、いつか仕返ししてやろうと復讐の機をうかがっていたところ、天正元年(1573年)に織田信長室町幕府将軍足利義昭を京都から追放した勢いを駆って、越前に攻め込んでくるという情報が入った。

そこで景近は義景の従兄弟で朝倉家乗っ取りを企んでいた朝倉景鏡をそそのかし、羽柴秀吉を通じて織田信長に内応するように仕向けた。刀根坂の戦いで朝倉軍は信長の軍勢に為すすべなく惨敗し、本拠である「小秋葉原」と呼ばれた一乗谷に拠ったが、そこも支えきれない状態になった。義景朝倉景鏡の進言に従い、町外れの寺に避難したが、すでに寺の糞坊主どもも景鏡と協力して、織田信長に内通しており、彼をぶち殺そうとしたのである。

燃え盛る寺の本堂で景近は主君義景に向かって言い放った。「お蝶は俺の嫁なんだ!それを取り上げるとはいくら主とはいえ許せん!」

「お、おのれ!下郎が!長年俸給を与えてやった恩を忘れてこの僕をたばかるとは無礼千万!ぶ、ぶっころして、や、やるんだから!」激高した義景は景近に向かって刀で斬りつけたが、景近も刀を抜いて対抗したために、相討ちとなり、その場で二人ともくたばってしまった。

最期[編集]

こうして鳥居景近はアホ過ぎる主君のために若い命を散らしてしまったのである。景近の享年24。合掌。

関連項目[編集]