女の子ソフトボール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2019年4月16日 (火) 08:35時点における115.65.184.18 (トーク)による版 (→‎真理)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

女の子ソフトボール(おんなのこ-)とは、全国各地の中学高等学校体育の時間に行われる女の子による女の子のためのなんちゃってソフトボールである。オリンピックなどで行われる本格的な「女子ソフトボール競技」とは異なる。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「女の子ソフトボール」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

男の子の多くは小さい頃よりテレビプロ野球中継を見慣れており、野球のルールに詳しい。少年野球団や少年ソフトボール団に入っていた男の子も多く、野球と若干ルールが異なるだけのソフトボールのルールにも適応できる。このため、男子によるソフトボールではダブルプレーやタッチアップは元より、時には満塁策のような高度な戦術も飛び出す。しかし、女の子の大半は男の子ほど野球に精通しておらず、野球およびソフトボールのルールは意外と複雑であるため、中学や高校での体育の授業における女の子のソフトボールはその場の雰囲気で作られたなんちゃってルールが適用されることが多い。これが女の子ソフトボールである。

代表的なルール[編集]

どこの女の子ソフトボールでも適用される代表的なルールをまとめる。

フライアウトでも走塁できる
あまりにも基本の女の子ソフトボールのルールである。
インフィールドフライは無し
そもそもフライアウトで走塁できるため、わざと内野フライを落としてダブルプレイを狙うことの意味が無い。グダグダである。
タッチアップは無い
そんなルールほとんどの女の子が知らないので、混乱を呼び込むだけである。
振り逃げは無い
男子でも完璧にルールを扱うのが難しい振り逃げが、女の子ソフトボールにある訳ない。

その場の雰囲気で決まるルール[編集]

ローカルルール、というよりその場の雰囲気で何となく決まるルールをまとめる。

ファールチップはセーフ
このため、バットにかすったときは、捕手が捕球していても積極的にアピールすること。
フォースプレイ、タッチプレイの扱いはグダグダ
「あうと!あうと!」と宣告すれば何となくアウトになる。
スリーバントの扱いは不明
というかバントする女の子がいない。

戦術のコツ[編集]

女の子ソフトボールにおける戦術は、通常の野球やソフトボールと若干異なる。

とにかくバットに当てる
バットに当ててボールを前に出しさえすれば後は何とでもなる。女の子ソフトボールにおいては、ファーストアウトが完成するだけでファインプレイである。
フライでも全力で走る
「諦めず全力を貫く姿勢が大事」とかいう高校野球の精神論のことではなく、単純にフライを落とすことが充分に予期できるからである。女の子ソフトボールにおいては、フライを捕球するだけでファインプレイである。
1つでも先の塁に進塁する
外野からの中継はまず円滑になされない。無謀と思っても走ること。場合によっては行く先々の塁で捕球者がボールを逸らし、内野ゴロでランニングホームランを達成できることもある。

真理[編集]

熱くなって上記の戦術のコツをあまりやりすぎないこと。詰まるところ、可愛くて楽しめればいいのが女の子ソフトボールなのだ!


ExSport.png この項目「女の子ソフトボール」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)