あきづき型護衛艦 (2代)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2014年8月24日 (日) 11:09時点におけるえふ氏 (トーク | 投稿記録)による版 (orz)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「あきづき型護衛艦 (2代)」の項目を執筆しています。

5000トン型護衛艦(5000 tons Class Destroyer)は、世界有数の実力を誇る海上自衛隊が所有している、世界有数の実力を誇るアイドル候補生護衛艦である。配備先はアメリカ第7艦隊麾下の第6護衛隊および第5護衛隊。艦隊配備前はマネージャー志望であり、押しかけ事務アルバイトであったが、人手不足のためにアイドルデビューする。愛称はリッチャン。

概要[編集]

ヤホー検索9番目に出てくるあきづきの雄姿である。

海上自衛隊の艦船で採用した画期的防波堤護衛艦である。22DDHという、大きく、対空防御が比較的利かないという欠点をカバーするため、建造されたのが本艦である。本艦は、主に飛翔体に対する防衛に仕事をまとめられたDDG「イージス艦」が飛翔体対応のために、また、自軍の他の護衛艦を某国人民海軍という仮想敵軍の対艦竹槍から防御するすべがなかったために開発したが、空ばかり気にしていて足元が見えていない。だが、その一方で防衛省は財務省の足元を常に伺っているという。

機関[編集]

COGAG方式というよくわからない機関を用いた2軸推進で、戦闘機などに搭載されている、溶かされていないとかいうガスタービンエンジン (64000ps) を4基搭載して、30ノット、数千海里(1海里は1852m)進行し続ける程度の能力を持つ。だが、竹槍にやられたら一溜りもないので、ファランクスで弾幕を張っている。

積載人員は200名ほどで、これは1年間に出る轢死者数や、最盛期(?)のトヨタ・セリカを1月間に買った人数と同じで、彼らが乗り込むとちょうど操艦できる。なお、積載する水はすべてDHMOである。だが、せっかくの満載DHMOも竹槍にやられたら一溜りもないので、ファランクスで弾幕を張っている。

武装[編集]

武装はMk41VLSと呼ばれるものを搭載。32セルで、ひゅうがの2倍だが、通常の護衛艦と同じ量子化搭載をしていない。いっぱいにミサイルを発射できるが、ミサイル発射時に艦首方向にファランクスを連射すると自沈することも可能である。 更に、ESSMも搭載している。こちらの場合、いずも型護衛艦では省略されているため、いずもから補給を受けながら使用なければならない。これは仕様です。そして、07式 SUMも搭載しているが、予算が足りないので模擬弾のみ装填。加えていずも型護衛艦で予算を削減したため、HOS302から見事な進化を遂げて誕生したHOS303 3連装短竹魚雷発射管×2を搭載している。但し魚雷を積むまでの予算はなかった。この他、いずも型護衛艦艦載機のF-35を撃ち落とさないように最大限の努力が必要である20mmR2D2型CIWSブロック1B×2、12.7mm機銃M2 複数、90式SSM 4連発射筒 2基を搭載している。これらは、世界有数の実力を持つ

豪華な装備だが、発射装置をやられると中身が誘爆し、いとも簡単に轟沈してしまう。更に、竹槍にやられたら一溜りもないので、ファランクスで弾幕を張っている。

艦載機[編集]

SH-60J or SH-60K
「SH」と名がつく通り、世界有数の実力を持つシャープ製のヘリコプターである。
多目的運搬車
豊川のODのクルマが大量に停車されている。これらは防衛省の予算がないにもかかわらず、どこからともなく頂いてきたという。模擬弾をたくさん搭載できるが、実弾より重く、隊員が20人がかりで移動させるほどのものであるため、模擬弾輸送中は、艦橋と機関室がもぬけの殻になる。
多目的ゴミ箱
リサイクルを徹底するために、156分別して捨てることになっている。なお、貨物室にゴミを移動するときには多目的運搬車を使用するため、できる限りごみをださないようにしている。

これらの頂きものは大切にシャッター内に保管されている。だが、竹槍にやられたら一溜りもないので、ファランクスで弾幕を張っている。

性能諸元[編集]

全長150.5m、全幅18.3m、喫水χm、基準排水量5000t、満載排水量6800t。

機関はジェットっぽいエンジン×4基(コギャグ方式)の2軸推進によるもので、最大出力は6.4万頭のフランスの馬と同じ程度である。最高速力は検閲により削除。乗員は1か月にレクサス・ISを買う人たちと同じ程度。ヘリのオイルの匂いや磯の香りがする。

レーダーは、通常の対空レーダーのほかに、OPS-20C対水上レーダーと呼ばれる、従来の護衛艦と比較しても進化のない 遜色のないレーダーを搭載。射撃指揮装置はFCS-3Aと呼ばれるものを搭載しているが、装填されている弾薬は予算の都合で一部模擬弾。FCS-3から進化したため、アンテナが4面になり、影の薄さを軽減させた。

艦首バウソナーはOQQ-22 統合ソナーシステム (バウ・ソナーとOQR-3 タクティクス) を搭載。曳航ソナーは省略。 NOLQ-2D 統合電子戦システム搭載。チャフ発射機を搭載しているが予算が足りないのでおそらく装填されている弾は模擬弾


関連項目[編集]


この項目「あきづき型護衛艦 (2代)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)