狐と鶴のご馳走

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2015年3月29日 (日) 02:33時点におけるヴォジャノーイ (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

狐と鶴のご馳走(きつねとつるのごちそう)とは、原稿用紙一枚に描かれたマルチエンドの物語である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「狐と鶴のご馳走」の項目を執筆しています。

概要[編集]

狐と鶴のご馳走とは、キツネがツルにツルが食べられないように平たい皿にスープをふるまうという意地悪なキツネを描いた物語である。その後については何百年にもわたり妄想されており、様々なパターンが考えられている。

各種エンドパターン[編集]

Ver イソップ
後日キツネの前に細長い口の壷に入れた肉をふるまった。
Ver すっぱいブドウ
皿に入ったスープを不味いと言い放ち、狐を味覚障害扱いした。
Ver 星新一
キツネを食い殺してスープにした。
Ver 動物愛護団体
キツネの意地悪にツルは希少動物の自分をいじめるなんて最低だと抗議しキツネに土下座させた。
Ver ごんぎつね
涙目のキツネを見ていられず後日こっそりとツルの容器にスープを詰め込んだ。だがいたずらと勘違いされ殺された。
Ver 借民
バカなツルは飲めもしないのに皿にくちばしを突っ込んで皿を割ってしまった。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

未来いそっぷ[編集]

星新一は狐と鶴のご馳走の自作Ver『キツネとツル』を一冊の本にしようとしたが、あまりの短さから原稿料詐欺だと出版社が一冊分の印税支払いを拒否。そのためそのような超短編や適当な短編を33篇集めて未来いそっぷという短編集に編纂した。もしまとめていなければ星のエンドパターンは日の目を浴びなかっただろう。作家ですら怒られるのだから読書感想文に狐と鶴の御馳走や『キツネとツル』を選んだりしたらやる気あるのかと怒られるのは自明の理である。

関連項目[編集]