デジタルカメラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2020年8月6日 (木) 22:10時点における扇町グロシア (トーク | 投稿記録)による版 (-ICU 改善されていると思うので)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デジタルカメラ」の項目を執筆しています。

デジタルカメラ:Digital still camera)とは、諜報活動を目的として開発された撮影ツールのひとつである。

概要[編集]

かつて撮影用カメラとして主流であったフィルムカメラにはネガフィルムがなければ情報をコピー出来ないことをはじめネガフィルムそのものの耐久性、サイズ面などにおいてさまざまな問題を孕んでいた。こと多重スパイのような複数のクライアントへの報告が必要となる場合、もしくは撮影者がメディアに対して情報をリークしたい場合、送付するデータの全てが自身の撮影した紛れもない原本であることを示す必要性があった。しかしながらフィルムカメラは扱いの難しいネガフィルム、また現像といった制約を抱え、一線で活躍するスパイにとっては扱いの難しいものであった。

そのような問題を解決するため、データをデジタル化する事で生まれたのがデジタルカメラである。データのデジタル化によりネガフィルムを排除するだけでなく、内部機構の省略することに成功し、耐久性やサイズ面の問題をも解決した。丁重にしまう必要のあったフィルムカメラに対しポケットに入れていても支障をきたさないデジタルカメラは、単なる諜報活動に限らず、団体の集合写真、暴露写真の撮影子ども作りの記録ストーカー被害対策、天文台の望遠鏡の代わりと多種多様な利用を可能にした。これによって現代では民間利用が活発となり、本来の開発目的は薄れつつある。

また、作られた経緯から闇社会の必需品であるとは切っても切れない関係にあり、銃の形をしたデジタルカメラと、デジタルカメラの形をした銃が存在する。[1]前者はドッキリ用として、後者はスパイ用として使用されるが、まれに両者を取り違えた事による事故も発生している。

問題点[編集]

データ送受信・通話・メッセージのやり取り・位置情報取得といった行為が全てできるスマートフォンが発明されたことにより、写真しか撮れない道具はそもそも不便なのではないかと認識されつつある。スマートフォンのカメラはデジタルカメラには備わっていない高度な編集機能を搭載している。画質面でもスマートフォン内蔵のカメラはデジタルカメラのそれを超えつつあり、写真撮影しか出来ないデジタルカメラを活用する場面は減少している。事実、民間利用においてデジタルカメラは絶滅危惧種であり、SNSインターネットと容易に接続するスマートフォンによってシェアは奪われている。デジタルカメラ本来の用途においてもやはりカメラの機能しかもたないデジタルカメラは不便ほかならず、諜報活動の現場でもデジタルカメラは姿をゆるやかに消している。高機能なスマートフォンではAIを搭載したものもあり、散らかった部屋をなかったことにして綺麗な部屋にいるように見せかける、の写真を人の顔に変えて世界を惑わせるといった、かつては技術が必要であった加工も簡単に出来るようになっているためだ。こうした点から、デジタルカメラが駆逐されるのは最早時間の問題と言われている

一方で、専門性に特化して生き残りを図るケースも存在する。現在では対象から見えないほどの遠方からでも撮影可能な高倍率のズームレンズを備えたもの、赤外線撮影機能[2]をもつもの、また靴やメガネと一体化する事で日常の風景をこっそりと撮影できるようにした商品などがあり、用途に合わせて差別化を図る事で完全な絶滅を免れている。また、いかにも写真を撮っていますといった雰囲気を出せる事から撮り鉄カメコといったオタクに対しては普通のデジタルカメラであっても未だに一定の人気がある。

現在でもデジタルカメラが使用されている例[編集]

  • 撮り鉄カメコ - 撮影目的であると同時に、機材の巨大さで周囲を威嚇する事を目的としている。
  • 海水浴場 - 前述の高倍率ズームや赤外線撮影が使われている。

脚注[編集]

  1. ^ どちらもフィルムを撤廃した事によって制作が容易になったと言われている
  2. ^ 薄い布、例えば水着などであれば透過したような写真が撮れる。

関連項目[編集]