若気の至り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2020年10月13日 (火) 18:18時点におけるラステン (トーク | 投稿記録)による版 (+cat)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
「まあまあ子供のやったことですから」
若気の至り について、親

若気の至り(わかげのいたり)とは、自分が犯した過ちを相手に批判された場合に、そのダメージを軽減するために使われる、代表的な言葉の防具の一つである。

概要[編集]

この言葉の防具は批判された本人が使うのではなく、本人の友人や家族・同僚などの第三者が使用して本人の名誉を守るという特徴を持つ。

なお、本来は「若の至り」であり、「若毛が生える前(若毛が生えるに至るまで)のお子様は、いたずらをしても大目に見るべきである」という寛容さの現れである。従って、本来の定義に照らせ合わせると、日本の場合、適用のボーダーラインは中学生までである(2007年10月現在)。でもそんなの関係ねぇ!

この防具に若干でも助けられたなかま[編集]

補足[編集]

尚、このような糞項目を作成してしまったのも若気の至りなんじゃないでしょうか。

関連項目[編集]