日本平定 (空母)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2018年11月3日 (土) 15:33時点におけるShingo.a (トーク | 投稿記録)による版 (カテゴリ整理)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
偉大なる党総書記、習近平大人は見ている
百毒百科認可
本項の文章と内容は完全に正しい事実と百毒百科管理人及び無産階級民衆と中国共産党員の批判闘争で一致して定められました。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った者は一律に新疆及び西蔵へ送り、労働改造で再教育されます。
「 中国のすさまじい無断複製科学力は、魔法と見分けがつかない。」
日本平定 (空母) について、アーサー・C・クラーク
「中国の科学力は、ラピュタすら凌駕するようだ」
日本平定 (空母) について、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

日本平定級空母とは、中国巨大な鉄板で隠蔽した不法投棄物建造中の空母である。数年前より極秘建造されていたが、日帝のスパイと密漁船及びgoogle earthによりその存在がばれてしまう事となった。

中国の全科学力を注いで建造され、既存の兵器とは比較にならない程の性能を持つとされている。

中国当局のCGによる完成予想図

概要[編集]

台湾、日帝、東南アジアなどを倒す為に建造中である。米帝との決戦兵器としてもその活躍が期待されている。 また、世界征服後に世界の警察として活用する事すら考慮に入れられている。

設計思想[編集]

機関は水素熱核タンデム・ミラーエンジンと自転車発電装置が採用され、海水から電気分解する事によって無限に得られる為水上で用いる分には永久的に航行する事が可能であり、その上地球環境にも優しい。平気で放射性廃棄物をまき散らす様なアメリカの空母とは一線が画する設計思想こそ中国4千年の歴史の神髄といえる。

これまで得られた情報を元に描かれた平定の完成予想図
<del?>美国偵察衛星google earthにより撮影された衛星写真

また、艦載機に従来の自転車に加え次世代機である先行者が搭載される事が決定した。平定自体が自己修復機能を備え、先行者も内部で生産する事が可能であり必要とする資材物資も常温核融合による元素転換により無限大に作る事が出来るのでまさに補給不要で戦う事が可能である。食料も艦内の畑及び養豚場、養鶏場で生産する事を前提に建造されているため、補給なしでも10年は戦える。戦闘により乗組員が死亡しても本国から幾らでも引っ張って艦内に乗組員の慰安施設を兼ねたクローン生産設備があるため、従軍慰安婦と共同でいくらでも乗員を量産する事が出来るので人手不足にもならない。

電算室には量子コンピュータのようなものが搭載されており、その処理能力はWII/PS3/XB360/PSP/DSLの基盤技術を統合したことによってあらゆる海賊版ゲームを利用することが可能になっている。通信や先行者の制御には携帯電話の技術を応用した量子通信みたいなものが用いられており、これにより全世界をカバーしている。もちろんdocomo/au/softbankをはじめとするありとあらゆる携帯電話による通信通話も筒抜けであり、暗号に関してもこれまで解読不可能とされてきた「タヌキ文字」を10分以内に処理することが可能になっている。ジャミングやハッキング技術もこれまでの常識を覆しており、違法DLゲームの入手はもちろん、大量のスパムメールやコピペによってサーバーをパンクさせたり、無言電話やメリーさんメッセージによって極めて高度な精神攻撃を行うことも可能になっている。

索敵能力としては、レーダー及びソナーの性能だけでも群を抜いているが他にも熱や電磁波は勿論、質量・流体・放射線スペクトルを完全に解析し、地球上で起りうる全ての物理現象が捕えられる為、相手がステルス戦闘機でもアンノウン・フライング・オブジェクトでも見逃すことはなく、もちろん鮪だろうが鯨だろうが見つけ放題獲り放題である。またこれらの性能を最大限に活用する事で空母でありながら偵察や諜報、電子戦に用いる事が可能である。

戦闘に関しても、艦載機である先行者の戦闘能力が既存の兵器を大きく上回っているため、先行者を出撃させた時点で平定自体が直接介入する必要は全くないのだが、単独でも第七艦隊を壊滅させる程の兵器を備えている。船体は特殊な物質で作られている為、防御力もすさまじく核兵器はおろか地球を静止させる程の兵器ですら破壊する事が出来ないとされているが、実験ができないので物的証拠は一切ない。その上、電磁シールドで守られている為、通常兵器ではそもそも傷1つ付ける事など不可能であり、沈没や撃沈などということは日本が世界最大の債務国家黄河が澄むこと以上に絶対にあり得ない。

スペック[編集]

  • 全長:3000m(1923hyde)
  • 全幅:1000m(641hyde)
  • 全高:15.6m(10hyde)
  • 策敵距離:全地球(月面含む)
  • 速度:156ノット
  • 建造費:10000000000000000000000000000000ウォン

装備[編集]

  • 艦載機搭載数:先行者156機/自転車896台
  • 全方位対空中華砲
  • 対韓中華砲
  • 対潜中華砲
  • 対戦車中華砲
  • 対人中華砲
  • 対湾中華砲
  • 殺獣中華砲
  • 600mmバルカン中華砲

主要艦内設備[編集]

  • 卓球台及びラケット/ボール 50組
  • 慰安設備兼クローン培養槽50台(緊急時には100台まで増設可能)使用料金:60分10元、120分13元
  • ダンボール入り肉まん製造機50台
  • 水田15㌶
  • 養豚場3棟
  • 養鶏場5棟

関連項目[編集]

この項目「日本平定 (空母)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)